「ほっ」と。キャンペーン

袷1 紬その3 裏物

画像がないので後から撮影してアップできればと思いますが…とりあえず記録まで。
今日、和裁のおけいこでした。

最後にこちらをやったのは11月。
こちら が依然やった内容です。
印をつけたものを、白い胴裏、赤い裾布ともに背縫い、脇縫いを終えました。
次回までにおくみまでつけられると随分進みますが…
いくつか不確定要素があり、わかりません。

ただ、亀ではありますが少しづつ進めています。

袷は、おくみをつけるところまでの単衣と同じ作業を表と裏それぞれにして、合わせてから、袖をつけます。
袖は全く違うやり方なのですが、そこから先襟については布が2重か一重かの違いで同じ作業になります。
がっちゃん越させる部分の扱い方と袖、その二つができるようになれば、良いのですがなかなか。

作るほどに、やはり良いものは和裁士さんにお願いをしようと思うのでした。

先生~長生きしてくださいね~不詳の弟子のために。




2月21日 画像です。
f0149924_11033926.jpg

おくみを付けると、形が出来て来ます。

# by masako_texas | 2017-02-20 18:05 | 和裁お稽古 | Comments(0)

pysanka eggs 多色染め 2

f0149924_14270484.jpg

一つ出来上がりました。
シンナーで拭いて、ラッカーをかけたところ。

ここまでは、結構手が汚れる作業です。
f0149924_14270539.jpg

薄い色から順に染まった色を残したいところを鉄筆でロウで書いていきます。
黄色、オレンジ、赤…
最後は、真っ黒
f0149924_14270570.jpg

f0149924_14270602.jpg

ね。
ろうそくの炎で炙りながら、ペーパーでワックスを拭き取り、シンナーで残りを拭き取りました。
f0149924_22000363.jpg


f0149924_22000361.jpg


2つラッカーをかけましたが、もう少し同じ作業です。

2度ラッカーをかけたら中身を抜き、又ラッカーを2度かけて完成。
地味な作業の多い手芸ですが、ワックスを落として、黒い卵が鮮やかになる時が好きです。

# by masako_texas | 2017-02-17 14:22 | Comments(2)

eggの準備 洗うなど

f0149924_11000714.jpg

今回、洗ったのですが、不覚にも賞味期限のシールが付いていたところにシール剥がしを付けて洗うのをしなかったので、その部分が染料が入りませんでした。
すんなり剥がれたので、そのままただ洗いましたが、染めた時に染料が入らず…あ~と。
シール剥がしは、スプレーして暫し待ちます。
その後油膜が張るので、洗剤を付けてよく洗います。

この処理をしても、卵によって個体差が大きいです。

色々検索をして、大きいダックの卵も探していますが、中々値段が良い値段で、まだ茹でも無いので、迷っています。

引き続き、作るものは涙型にろうを引くタイプで、カラフルな物も作ろうと思います。
今作っている物と並行。
頭の中でパターンがグルグル…
同じ作業をまとめるようにと思います。

さて、この洗いで綺麗に染まります様に…(o^^o)

# by masako_texas | 2017-02-17 10:52 | 手芸全般 | Comments(0)

少し灰分の入った蜜ろう、ろうそく、kistakaというペンを用意して、温めたペン先をろうにつけてちょっとずつ書きます。
f0149924_18341683.jpg
白くしたいところにまず書きます。
f0149924_18355238.jpg
黄色に入れて染めました。
f0149924_18361766.jpg
次は黄色にしたいところと、青を入れてミドリにしたいところに少しだけ色を載せます。
黄色と緑にしたいところをろうでふさぐように書きます。
f0149924_18370233.jpg
オレンジ色に浸します。
f0149924_18372886.jpg
15分くらい置いて染まったところ。
f0149924_18381797.jpg
次はオレンジにしたいところをふさぐように書いていきます。
ちょっと疲れたのでこれでおしまい。

また次回。

# by masako_texas | 2017-02-16 18:39 | 手芸全般 | Comments(0)

エプロン

f0149924_23202526.jpg

布 つよせ 中野店97センチ
パターン RICK RACK エプロン

いつも家で着ているエプロンがヘタレてきたので、1枚作りました。
作っていて楽しい可愛い布です。

後ろにボタンが3個なのですが、決まった長さな為、縫い付けて、ボタンを1つに。
ホールも一つなので手でしました。

布が店の在庫だったので、数センチ短く仕上がりました。
多分使う中で気になる事は無いかと。

たぶんこのブログの中で最もたくさん作られているパターンの一つです。
Rick Rackさんの中では、在庫限りのエプロンのようですね。
このパターンの最初に出たときにキットで買ったものを、ず~っと使っています。
何の上にも着られるし、着物を着ているときも袖を脇に挟んでこれを着たら何でもできるので、割烹着を取りに行くよりも普段使っているものをキッチンでそのまま使っています。
簡単なので何枚作っても、ストレスフリーで、布を1m用意するだけで楽しめます。

この後、和裁と、エッグを作ろうと思うので洋裁はここでお休み~(たぶん…でも好きだったら縫物しているかも~笑)

# by masako_texas | 2017-02-15 23:15 | 縫い物小物 | Comments(0)