紺屋巡り 富田染工芸

住んでいるエリアは、もう少し離れていますがたくさんの染め絡みのお店があったりします。
中井から早稲田、神楽坂あたりまでは染色やさんが多くある地域です。
以前から気になりながら、なかなかいかれなかった新宿区染色協議会関連の企画に参加することができました。
この秋、11月は紺屋巡りという企画がありました。
紺屋巡りについてはこちら
唯一行かれそうでしたので友人と出かけてきました。

江戸小紋の工房富田染工芸さんに行きました。半襟の染め体験ののち、工房見学。
f0149924_18340832.jpg
f0149924_18345070.jpg
江戸小紋の型紙
f0149924_18351206.jpg
f0149924_18361032.jpg
どうしてもこの型紙がすきで、すらせてもらいました。ウサギ柄。
f0149924_18364679.jpg
その後、この地域の着物の展示を見に行きました。
f0149924_18375547.jpg
f0149924_18380398.jpg
f0149924_18381089.jpg
f0149924_18382368.jpg
どれもとても素敵。
作家さんがじかに説明して下さり、実はとてもお値ごろ。
作家さんからじかに買うなんてびっくりですが…
良いスーツを買うくらいで買うことができると思います。

時々新宿区の染色協議会サイトを見るとイベントの案内があります。
現在住んでいる地域に越してからずっと行ってみたかったイベントだったので、とてもうれしかったです。

工房の皆様、展示の作家の皆様、ありがとうございました。
着物って高いイメージがありますが、お店で買うと高いですが、こうしてじかに見て買うのはそうお高いものでもないように思います。
(間でたくさんの方が入っているのでとても高くなっているのが良く分かります。)
ただ現在は、母の着物を直す、古着を直したりしながら着る…なので買えるものではないのですが…
持っているものを大事にしたいなというのと、お金を貯めて買うのも素敵だなと思ってみていました。
デパートや、呉服屋さんで見ると手の届かない金額ですが、そうでもないところが不思議でした。
このためにお金を貯めたら買えそうな値段という感じです。
(たんすやさんのセールで新品を買う、みたいな値段でした。)
下種な値段の話をしてしまいましたが…

東京には、東京友禅
江戸小紋、
江戸更紗
などこの地域の染めがあります。
そして、神楽坂から川をさかのぼり自宅のそばのエリアまで、
染に関する小さなお店がたくさんありとても面白いこともわかりました。

そして、自宅そばなどはやめてしまった悉皆屋さんとかもたくさんありました。
こうした技術が続いていきますように。

布好きー(ヌノスキー)としては願ってやみません。
今日は長い時間お世話になった富田染工芸の皆様、ありがとうございました。
染めた半襟は、後日蒸した後乾燥させたものを送るということでしたので、取りに行くことにしました。

幸せな一日でした。
付き合ってくれたKありがとう。
また行きましょう。


by masako_texas | 2016-11-20 18:48 | その他 | Comments(2)

Commented by meek6768 at 2016-11-21 03:07
むーさん、こんにちは。
楽しそうな見学ツアーですね、いいなー。
東京にも染色やさんなんてあるんだ、と意外でした。
毛糸を染めて居る人もいるんだろうなぁ。。。なんて考えたりもして(笑)
着物のことはよくわかりませんが、デザイナーさんから直接購入すると、余計な経費が掛からないのでしょうね。

あれもしたい、これもしたいと思うだけで全然行動に出られませんが、あとで後悔しないように、早く思い腰を上げないといけないなぁと思う反面、疲れ切っている自分に疲れてしまうという・・・・(爆)
Commented by masako_texas at 2016-11-21 09:28
meekさん
こんにちは。
神田川沿いが江戸時代から続いている染物の町なのは知っていたので、実はずっと何年も行ってみたかったイベントなのです。
着物は、作っている人から呉服屋さんに行くまでに随分マージンがあるんだなと…
実際にデパートやお店で見てみた値段とあまりに差があるので驚きました。

あれこれしたいと思うことの半分もできないのですが…
そろっと人生後半戦、思い残しの無いように、かつ体をいたわりつつ暮らせたらと思っています。
疲れているときは何もできないので、力が溜まるまで待っているとか、何もしないで寝ているとかします。(チャージ中とか言っています。笑)
寒い季節、ご自愛くださいね。