2017年 07月 05日 ( 1 )

片づけ再び 2

本日も片づけに出かけました。
家族の事情で、基本は臨時の手というお約束。
ごみは最近は車で行かないので分別して隣に住む弟にお願いして帰宅。

今日は約束した時間に母が不在、家族だけが知る近場に出ているとき開いているところから入りました。
いつもはいるところから入らなかったので、嫌にトイレが気になり、母が帰宅するまでトイレ二つをごしごし掃除して、いつも使っている部屋を掃除してモップをかけたところに母が帰宅。思うように歩けず、思いのほか時間がかかったそうです。
そのあたりが、歳をとったなと思いつつ…
食事をして、片づける部屋の明らかなごみを片付けて、物を少し移動して…掃除機をかけて…としているうちにあっという間に帰宅時間に。
その間に、甥っ子が二人それぞれ会いに来てくれました。

今回のお片付け、母は口は出すけれども実労をしなくて…
歳をとったなと思います。
全体をどうするのかを一応提案をして、次に行くまでに弟と相談しておき、次回又動くという感じです。

捨てるものの中から、母が自分で刺した刺繍の帯を持ち帰りました。
ある程度の値段以内に綺麗になれば、使う価値があると思いますが…

着物の部屋も開ける必要があるので、移動する、分けるのいずれかになるかと思います。
しかしながら、4人きょうだいのうち着るのは私だけなので…難しいなと思います。
決して勝手に開けないようにしているので、ひと手間二手間かかるものだけ、母が持ち帰るように言ってくれます。
これは、弟もそこまで手を入れられる人がいないので、どうぞという感じです。

残念な帯の画像です。
f0149924_22192056.jpg
f0149924_22194928.jpg
なぜこういう風になってしまったのかわかりませんが…
解いて染み抜きと洗いにというと結構かかりそうで、予算次第で悩むな~と思います。
もしかしたら刺したものを、色の趣味の感じですが、祖母にあげたのかもしれません。
祖母はあまり始末のいい方ではなかったので、この感じだったのかな…と思います。

楽しみでもありますが、お財布的には新しいものを自分の趣味で買う方がよほど楽しいときもあるんじゃないかなと思ったりします。




by masako_texas | 2017-07-05 22:23 | Comments(0)