カテゴリ:お直し( 14 )

古い大島 仕立て直しに出す用意

以前、実家の母のところから貰ってきたものですが、袖がほつれるなどがあり、今年直すかもう1,2年着てからにするか迷っていたのですが…
主な縫い目に弱りがあると思い、洗い張りと仕立てなおしに出すことにしました。

実母にその話をしたら、自分で仕立てるの?それは…と微妙な顔をされたので、お仕立てに出すことにしました。
で、まずはその準備。
解きです。
f0149924_16323536.jpg
今はちょうど袷を縫っているので、塗った順番と逆に解いていくと、よく構造がわかりましたし、今までにいつになく早く解き終わりました。
あとは、お仕立ての方の都合がつけば持っていきます。

解いていて面白かったことは、何度か直した跡があったことです。
なので、押し立て直しに出す決断をしてよかったなと思いました。
きわどくて。私には組み立てられないかもしれないです。
そして、織り込みが前にもありましたので4センチくらい身丈を出せるかなと思います。
そのあたりも洗い終わり次第ですが…

祖父の兄弟の着物なので、母の前にも誰か着たのかもしれません。
直しの糸が様々な糸でした。
又、袖部分は、もろかっただけあり、どうかなと思ったら、何か所か寸法を直してありました。
裾も直したらしく、胴裏の裾回しとの縫い代が若干少ないかんじでした。
(胴裏は、仕立てなおしの時に場所を少しずらして位置を変えて、布を変えずに綺麗になるように仕立て替えすることができるように裾回しとの剥ぎ部分の縫い代が多くなっています。)
祖父は生きていれば110くらいなので、その姉か妹の着物なので、100歳以下ですが6,70年前のものだと思います。
入れてある裾布も、年代物の裾回し布でしたし、襟裏も胴裏の残りでした。
母の着るときには、どうも全体を直したのではなく一部直したようです。
背縫いと袖の一部がとても古い糸でしたので、どうも丸洗いと、寸法直しに出したんでしょうね。

仕立てなおしに出して正解だったのは、最も古いと思われるところが背縫いとおくみ付け部分だったのですが、いずれもとても糸が弱っていて、引くことがむつかしいことになっていました。
それでも、直しながらもきちんと基本にそって綺麗に縫ってありました。
今は袷を縫っているので勉強になりました。
f0149924_16480886.jpg
着るとこんな感じです。以前の画像ですが…
合わせの時期に又戻ってきて、着るのを楽しみにしています。

こうやって直して着ることのできる着物ってすごいですね。
そうそう、以前のこの着物のことはこちら
気に入ったものは、大事に着たいなと思います。


by masako_texas | 2017-07-12 16:50 | お直し | Comments(0)

古い綴れ帯直し

f0149924_21434391.jpg

以前から、直しては結び、壊れては直している曽祖母の帯。
前部分の表と裏です。
f0149924_21434369.jpg

最終的に、模様に全部接着芯を貼りましたが…不安定で、解れが出たりしました。
大変でしたが、ヒマヒマに全ての芯を星留めして、解れているところは、縁は巻きかがり、そうでないところは穴を塞ぐ様に目立たない糸で縫い合わせてみました。
取り敢えず、何とか使えるかな?
f0149924_21434404.jpg

こちらがお太鼓部分。
直し始めたころは、まだ自分で帯が結べなかったので、楽しさが分かりませんでしたが、見るほどに好きになり、直しています。
今後も、壊れたら直して、最後は小さな物にします。

こう言う綴れ帯、中々無いので、可愛いし大好き。
およそ50年前に90で亡くなった曽祖母の物ですから100年とは言いませんが…年代物。
洗いに出した後、糸が弱り…一層ボロボロ。
綴れは本来は紬から留袖までと言う物で、これは正にそんな感じです。

流石に留袖には無理ですが…色無地や軽め付け下げ程度まで着られそうな柄です。
四季の様子、図案化された花や蝶、金魚、ドングリ、さくらんぼ、りんご等楽しさが溢れてきます。

絹糸が彼方此方と弱り何処まで使えるか分かりませんが、折角ですから使います。
曽祖母は、育ててくれた1人、見守ってくれてくれたらと、思います。



by masako_texas | 2017-04-19 21:28 | お直し | Comments(0)

直し 古い大島

f0149924_11471735.jpg

元々、父方の叔母の物。
母が着ようと一度手を入れたのが30年以上前。かなり汚れていました。
それを持ち帰り、昨年丸洗いをして何箇所かシミ抜きを依頼しました。
冬から、快適に着ていましたが…
…昨日着る時に指先の手荒れと引っかかり左袖付け止まりから袖側、見頃側と解けてしまい…和裁の時間でしたので、先生に広がらない様に止めて頂きました。
が…糸が弱くなっていた様です。

f0149924_11471874.jpg

f0149924_11471860.jpg

こんな感じです。
取り敢えず、今はシーズン終わりまでコの字にくけ縫いしました。
f0149924_11471860.jpg
これで…もう何年か着たら、解き、洗い張りして仕立て替えをしょうかな。
その時はあちこち、自分のサイズに細かい直しにもなるかと思います。
今日は、何とか解れ始めを見つけて、糸を玉止めして、くけ縫いします。
とても使いやすい着物なので大事にしたいと思います。


by masako_texas | 2017-04-11 11:37 | お直し | Comments(0)

単衣 八寸名古屋帯 直し

以前作った帯、と言っても反物の橋をかがっただけですが…
どうしても着ていて何だか長さが合わないのです。
単衣なので薄いのでくったりしてしまうが…何だか長すぎる…でも折り返しを八寸名古屋の通常の作りで作ろうとすると短い。
使えずに一年近くたちました。

こちらは折り返しを、通常の帯と同じ長さにしてみました。
f0149924_16435109.jpg
短いのがわかります。
この白い方は、中古で購入したもの。
今使っていてちょうどよい長さのものですから、これに合わせて半分に折るところの長さを撮り、残りで折り返すようにしてみました。
f0149924_16450796.jpg
長さが大体合います。
これで縫いとめて、着てみてよければ完成です。
黒い小紋までにしめる帯、便利に使えるかなと思います。

実はもう少し時期は早いのですが、紗献上が欲しくて反物を超お安く買ったので、それも同じように自分で仕立てようと思います。
こちらの黒の帯は、レーヨンのお安いものですから、惜しげなく楽しめたらと思います。
まあ、大体どの着物もそんなにすごいものはなく、単に自分の好きな物を着ています。
布が好きが高じて、服だけでなく着物にも手が伸びていますが…
私は割合、クラシックな感じがすきなようです。
そして、母の着物が短いのでそれに慣れているので割合楽しく着られます。

昨年、眠ってしまったこの帯が生きるように!

by masako_texas | 2017-04-07 16:48 | お直し | Comments(0)

雨ゴート 幅出し 1

f0149924_22521363.jpg

雨ゴートです。
実家に有りましたが、いかんせん脇が小さく着られない…
年齢が合うけど…という一枚です。

先日和裁士さんに会った時、簡易な直し方を聞きました。
私のサイズを知る彼女だから、教えてくれた事。
コートのサイズを測り、割り出して…
脇を裾で2.5出す、身八つ口の上との間で直線を引き、その幅で、身八つ口の下までを脇出しします。
身八つ口は、成り行きで少し幅を出すと言うやり方です。
正式な感じでは無いが、これなら着物と上手く行くという事でした。
f0149924_22521453.jpg

ミシンで縫ってありました。
片側だけやってみたところ。

コートには、きせがないので作業が楽です。
くせ取りが、無理かも知れませんが…
兎に角着られないのでは仕方ないので、形にしてみようと思います。
今日は、この片側にアイロンをかけてお終いにします。
f0149924_23021182.jpg

やはり、あたりが出ていますが…まあ、ギリ着るかな、くらい。

ナイロンのコートはありますが、そこまで要らない日に使うのに有ると良いなと思っていたので、これを直したら着物を着られない日が減るかな。

もう暫し、地味な作業だな。



by masako_texas | 2016-12-22 22:43 | お直し | Comments(0)

袖、肩幅直し 旦那さんの襦袢

f0149924_18044122.jpg

旦那さんの着物は、ポリです。
秋は暖かいのもあり、簡易な半襦袢とステテコにしました。
しかし…寒い季節にそれは辛いので、中古で近いサイズを買いました。
そのままでは着られないので、袖を解きました。
裄と肩幅を出します。
そで丈、袖幅は、そのままで行けそうです。
まあ、見えるのは着る人だけの襦袢ですから…私の直しで良いかな。

アイロンで、折り目を消しました。
表を縫い、アイロン、裏をくけ縫いしてアイロンすれば完成…のはず。
地味な作業です。笑
f0149924_21393993.jpg

何とか終わりました。
やはり、柔らかい物は、難しい。
襦袢だから自分でしましたが、着物は和裁士さんにだそう。笑笑


by masako_texas | 2016-12-22 17:59 | お直し | Comments(0)

裾直し

f0149924_18101792.jpg

母の着物は、裄と丈が短いです。
そして、全部を直したら…お直しビンボーになりそうです。

と言う訳で、着物と合った襦袢を丈だけ出してみました。
着ていて、気に入ったとか、たくさん着る機会がある物だけ直そうかと。

今回、和裁士の方にお願いするか、悩んで持って行き、裾から直せたので、自分で直しました。

手縫いがもう少しで、終わります。

しばらくは、裄の短い物には、これを着ます。
そのままの物もあるかも知れませんが、それも良いかなと思います。

まえに折り込みがあり、そこから出すのも考えましたが、大変ですので、これなら楽。
和裁士のSさんありがとう。


by masako_texas | 2016-12-17 18:03 | お直し | Comments(0)

付け帯のお手入れ 1

f0149924_13332621.jpg

夏付け帯、2枚目の画像の様に着ていますが…
いかんせん汚れが目立ちます。

中古の10年以上…昨日、思い切って洗ってしまいました。
f0149924_13332656.jpg

画像では目立ちませんが、シミシミでしたが、水溶性の汚れは落ちました。

まだもう一度、アイロンかけが必要だし、バラバラになっているので組み立てが必要ですが、なんだかさっぱり着られそうです。
形をもう一本のつけ帯で確認して、作業しま~す。
古い処分を悩む物は、洗うのも一手ですね〜

by masako_texas | 2016-07-07 13:28 | お直し | Comments(0)

草履の直し 

母の古い草履です。
f0149924_10335123.jpg


f0149924_10335153.jpg

先日、母が20年ぶりくらいに着物を着て出かけるというので様々出したうちの一足。
バッグとお対の素敵なものだったのですが…大変残念なことにこんな風に鼻緒がいただけないことになっています。
さて履こうと思ったら、履いてみたらこうなってしまったのだそうです。
先日は、仕方がないので予備に用意した私の色無地を着たときの草履を貸したのですが…
大きい足の人は小さな人の物を借りてはいけないんですね。(使う事はないけれど保険にという事でしたので置いておきました。)
私の草履が大変残念なことになってしまい、今ちょっと癖を直すようにしています。使えるか使えないか…すげ替えをするか悩んでいます。
坪部分が、同じ大きさでも足の厚身のある母の足で変形してしまいました。逆に足の薄い私は母の物を借りても問題は起こらないのですが…とても残念でした。が、とりあえず坪部分の色が見えるようにそうっと坪部分をマイナスドライバーで引いて、形を直して型になるように柔らかい紙をはさんでおいています。直ればそのまま使います。

母の草履は、ちょっと直せるかどうか、草履の売り場に聞いていこうと思います。
着物は、洋服と違い形の流行が無いので、これからは面倒がらず着物にしたいというので、時々様子を見て手を貸そうと思います。
確かに80歳超の母が、昔の洋服を頑張って着ているよりは、着物でお出かけの方が素敵かなと思います。

曾祖母や祖母の着物には、うんと歳の着物があったのですが、それはまだあまりお手入れせずにおいてありましたので、少しずつお手入れしていく方が、今ある洋服の手直しをして着るよりも良いかなという事でした。

が、いかんせん孫育てと医院の事務、足もあんまりよくないと来ているので…こうして時々様々お預かりしては、あちらこちら走っています。
御草履の中には、直しに堪えないというか…これは直すお金をかけるより処分していいかも…というものもありました。
母の中では、2,30年前の記憶なのですが…少しずつ整理して行けるといいなと思います。まだ、あれはよい物なのにというのがあり、簡単には処分できそうにありません。

ただ、個人的には、草履今は 台が幅広の小判型、鼻緒も太目で楽に履くというのが多いので、昔の物を使うと言っても…と思います。
母には、そのあたりは、以前履いていたお気に入りが納得できればそうして履きたいらしいのですが…
足も悪いので、昔の細身をむりやり直して履くよりも、ゆったりしたものを履く方が楽だと思うのですが…
そして私の草履の方がはるかに楽だったようなのですが…何だか気に入らない形なのだそうです。

時々、着物を着て出かけたいという母のわがままにおつきあいすることがありそうですが…
この先、そう何十回もあることではないので、根気よく出来るようにお付き合いしたいと思います。




追記 私の草履も一緒に買ったところに持ち込みました。
画像の物は、鼻緒代金ですげ替え、私のは、その場で職人さんが私に合わせ調整してくれました。

鼻緒を取り寄せ中なので、少し時間がかかりますが、これで一安心。
すげ替えや調整をしてくれるところは少ないのですが、こうして持ち込み、直せるのは、嬉しいです。
私のは、本当に残念な伸び方をしていたので、職人さんが、ビックリしてましたが、人には、大きな人のは小さな人が借りても大丈夫だけれど、逆は、伸びてしまいますよと言われました。
はい、反省…。
台のしっかりした物なら、直せますからね〜と見て貰い、ほっ。
これで、大丈夫。
これなら いつもどおり沢山歩けます。

メーカーが違うのですが、2つ合わせて私の分の調整代金は、かかりませんでした。
ありがとう!凄く嬉しい顔したんだと思います。(≧∇≦)

by masako_texas | 2016-04-14 10:32 | お直し | Comments(2)

銘仙 朝顔 丈だし1

f0149924_14434695.jpg

f0149924_14434688.jpg

まずは、洗ってさっぱり。
ようやく杉花粉が無くなり、外干しが出来る様になり、気持ちいいです。

こちらは、洗って着たい単衣なため、洗いました。
反物も、洗いました。
しばらくしたらアイロンかけです。

おくみ部分の残りがどの位かにより、丈だし可能な長さがわかります。
少しでも多くあれば、それだけ出せますが、多分140代の丈の着物なので、せいぜい5から10弱では。
私の着られる限界は、150前後…
冷や冷や物です。
まあ、無地も丈は大体同じなんで、いずれもダメな可能性も有ります。

追記 アイロン後、襟を少し解いて見たところです。
f0149924_18080546.jpg

分かりますか?
おくみが、3センチ位しかぬのが有りません。
これは…無理かも知れません。
おくみ下がりが、21の出来上がりでしたので、その分程度は長く出来ますが…
通常は、おくみ下がりは23です。

その辺りのバランスがある程度取れるなら丈だし可能かも…。うーむ

by masako_texas | 2016-04-06 14:37 | お直し | Comments(0)