「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:日々の生活( 233 )

白州見学

f0149924_08372745.jpg
前の日は、富士見パノラマスキー場に行ったらあまりに込んでいて、諦めて七賢のだいみんというレストランに行きました。
その時買った生酒を飲みました。
そして、次の朝、良い天気!
八ヶ岳の向かい側、サントリーの白州の見学に行きました。お酒な週末です。笑
八ヶ岳のトップまで快晴

私はほとんど飲まないのですが、東京に戻るのでハンドルキーパーは主人。ごめんね~
f0149924_08395959.jpg
f0149924_08404701.jpg
ミュージアムを見学しているうちに集合時間になるかなと、ぼちぼち。
この建物は、昔の麦芽を乾かす建物のようです。
トップの部分が、絶景の展望台でした。
f0149924_08420944.jpg
f0149924_08422674.jpg
f0149924_08432449.jpg
見学後、白州の試飲。
f0149924_08435876.jpg
ほとんど飲まないのですが、とてもおいしくいただきました。
帰りに小さなボトルの物を買い、主人は帰宅後に飲みました。
次は私が、運転手になりましょう。
f0149924_08534680.jpg
f0149924_08532730.jpg
とても楽しい見学でした。
以前混んでいて見ることができなかったので、何年か越しの見学でした。
ほかに、天然水も工場見学できるので、そちらも見てみたいなと思います。

飲み物も食品、真面目にモノを作っている姿勢とツアーの説明の方に好感が持てました。
半分酔っ払いながら、ごめんね~と思いつつ、東京まで助手席にいました。
ありがとう~

by masako_texas | 2017-02-13 08:46 | 日々の生活 | Comments(2)

海鮮丼を食べに並ぶ

f0149924_14254671.jpg
f0149924_14254756.jpg


f0149924_14254888.jpg

日本橋つじ半さん
旦那さんが一度並び、是非次も行きたい!
と言う事で、開店時間に並び昼休みに来て貰い、食べました。小一時間並んで食べました。
しあわせ〜
日本橋駅から3分ほどのところです。
美味しい物は本当に幸せになります。

by masako_texas | 2017-02-08 14:23 | 日々の生活 | Comments(4)

f0149924_20464052.jpg
上村松園が5枚ほどありました。
この絵だけ撮影可能でしたのでパチリ。
こちらには好きな画家さんの絵があるので時々出かけます。
着物割があるので、着物で出ました。
大体、前売り券と同じ値段なので、突然行く気持ちになっても着物さえ着ていけば大丈夫。(笑)
何人かお着物の方がおいででした。

そのほか、ポスターにもある猫の絵が素敵でした。
小さい美術館なので、くるっと回ってから何度か好きな絵の前で、座ってじっくり眺めてから帰宅しました。
日本画の教科書東京編も楽しみです。

今日は暖かく、気持ちの良いお散歩日和でした。
f0149924_20485641.jpg
f0149924_20491142.jpg
こんな感じです。
綺麗な色なので、着ていて明るい気持ちになります。
羽織と色があって大好きな色目です。ちょっと若作りですが。

by masako_texas | 2017-01-28 20:52 | 日々の生活 | Comments(2)

自分サイズの着物

f0149924_17433367.jpg

以前デパート催事で買った千円の着物を
洗い張りして、仕立て直しに出しました。
コートにしようかと思っていたのですが、何だか違和感があり、暫く置いてありましたが…
自分サイズになり、スッキリ。
お買い物のお話はこちら
この時の袷の生地が4枚分あったものの、一枚しか手が付けられず、その次のものは別のものを手を付けています。
中々進みませんが、柔らかなものは、オーダーして、紬類はなんとか自分でやってみたいと考えています。

直に和裁士さんにお願いしたので、お値段もそこそこに出来ました。
いわゆる普通に洋服、ワンピースなどを買う程度の値段です。
柔らかい物はまだまだ作れないので、助かります。
綺麗〜

和裁士さんにはじかに合ってお話をしてお願いしました。
今日は取りに行き、その際お願いするか迷うお直しを色々伺い、自分でできますよと言われてトライすることにしました。
それについてはまた別途書きますね。
和裁士のSさん、ありがとうございます。


by masako_texas | 2016-12-08 17:31 | 日々の生活 | Comments(0)

f0149924_17302223.jpg
今日は学科の先輩方と坂の上の雲を読んで、軍艦三笠を見に行きました。
が…
iphoneを忘れるという大失態。

大体待ち合わせ場所もウル覚え、品川何時の特急に乗る、しか覚えていなかったので
何とかその電車に乗って、乗りながら電車の路線図を見て
見覚えのある駅で降りて事なきを得ました。

どこに行っても画像を撮ってくるのですが、何も撮れないし…
帰宅後お土産の画像を撮るくらいでした。

いかに日々iphoneにお世話になっているのか思い知らされる日々でした。

三笠は、一度途中で沈んでしまって飾るのみになってしまったのですが昭和36年に復元されて飾られています。
当時の軍艦の中というのを見ることができます。
いろんなそういうものをお好きな高齢のおじさん達が平日の昼間にもかかわらずたくさんいてビックリでした。
一個ずつの戦艦は模型が飾ってあるのを見ても私にはさっぱりでしたが、
どうもひとつづつ特徴があるようです。

船内の家具とか、当時のお写真とか様々面白くて見ていました。
坂の上の雲は結局、見はしたのですが読み切っていないので
あまり想像力は膨らみませんが…
船の中は、いろいろ狭いなかで工夫があり面白いですね。
ちなみに午後は軍艦巡りをする予定でしたが、船酔いがひどいたちなので
やめて帰宅しました。

お昼は、観光用のだと思いますが
海軍カレーのお店でカレーを食べてきました。

あ~、返す返すもiphoneを忘れてしまい
画像を何も撮れず残念。





by masako_texas | 2016-11-16 17:29 | 日々の生活 | Comments(0)










f0149924_20500205.jpg

本当に素敵な紬がたくさん。
同じ様なテーマの着物も、現代に近い方が素敵な気がしました。

未だ作品を作られている事、美しい文字。
何もかも素敵で、著作物も読みたいなと思いました。

紬を着て行く勇気は有りませんでした。

寒くなりましたので、こんな感じで。
今日は、母の所にあった古い小紋を洗ったもの。
帯は、中古の綴れ帯。
f0149924_20495945.jpg
f0149924_20500023.jpg
帰宅後の写真なので、だいぶ崩れていて、着たときに撮ればよかった。
あと帯び締めもオレンジがよかったかな。

帯揚げが余りに痛んでいたので、出先で買い替えました。
桜新町の中古屋さん、青木さんで。
結ぶときに透けて見えるくらい傷んでいたのですが、気に入った色目でしたので手放せずにいました。が替わりになるくらいの色なので処分しようと思います。
f0149924_20500282.jpg

上が穴が開きそうな古い物、下が買い替えて結んで来たもの。

一緒に出かけたkとmちゃん、ありがとう。
桜新町の青木さん、中々良い中古が有ります。
又寄りそうです。



by masako_texas | 2016-10-30 20:39 | 日々の生活 | Comments(0)

f0149924_17285299.jpg

友人と出掛けました。
東大の隣です。
f0149924_17285542.jpg

f0149924_17285647.jpg

中は写真が撮れないので。
f0149924_17285673.jpg

学生時代、当時見ていた漫画の原画、余りの綺麗さにビックリ。
あまり実は漫画の原画に期待をしていなかったのですが…とてもきれいでした。
1時間以上かけて、じっくり見ました。

その後東大内を抜けて、お茶。くろぎと言うお店。ミシュランの星がついたところだそう。
f0149924_17285797.jpg

f0149924_17285888.jpg

f0149924_17285923.jpg

美味しい〜
わらび餅を頂きました。
葛切りも有名で、友人Mは葛切りに。
ついているお干菓子も、お漬物もみんなおいしかった。

並んで待って入ったのですが、待った甲斐がありました。幸せ~


by masako_texas | 2016-10-22 17:25 | 日々の生活 | Comments(0)

アザミ で、ランチ

f0149924_13034858.jpg

中野の南側にある喫茶店、アザミです。
日本語ボランティアの同期とのご飯。
昔ながらの喫茶店ですが、ランチ時は並ぶと聞いて開店時間に行きました。
ランチは、千圓以下。
ボリュームたっぷり。
美味しかった。

同じボランティアの友人は、人生の先輩も同じとし頃も…。
中々、言い難い事も、続けて行くためにお互い助けて貰い過ごしています。

割合、正直に何でも言い合える大切な方達です。
今回、ランチを企画してくれたIさん、ありがとう!
又、ランチメニュー制覇しに行きましょう!

by masako_texas | 2016-09-21 12:58 | 日々の生活 | Comments(2)

着物整理 母のところ

ちょっと借りたい着物があり、実母のところに行きました。
で、借りたものは使う目的があり借りたのですが…ついでにいろいろお持たせされました。
f0149924_22053789.jpg
色々楽しいといえば楽しいのですが…
何で持たされたのかというと、これらはお手入れしないと着られない着物だからです。
色々あってまあ…なのですが一つだけお手入れしてちゃんと着ようと思います。
f0149924_22085731.jpg
父の伯母の着ていた泥大島です。
袖にシミがあり、お手入れに出さなきゃ。
あとは、丈が短いので腰ひもを下げて、袖が短いのでそのあたりをどうするか、着ながら検討しようと思います。
まずは染み抜きですね。

ほかは、少し眺めて考えます。
ため息も(げげっという意味でも)出ますが、ほう~っというのも出ます。
でも、お手入れごとも自分ですることもあるとは言いながらも
お金と手がかかるので、どこまで着るのか考えてしないとなと思います。
お手入れ貧乏になっちゃうから。

これは歯科医師のをしている方だったので、仕事着で、この上に割烹着でしていらしたようです。
これに合わせたい帯もあるのでこれだけは使い込んでいきたい。
ただ、5センチほど丈を伸ばせたらと思うので、また、どこかで端切れを探して来ようと思います。

今日は、母と着物の話をしたりそれぞれの由来を聞いたりして過ごしました。
以前は母ほとんどのお出かけを着物でしていたので、母のところには様々な着物が親せきから集まっています。
以前大量に祖母の代とそれ以前の着物類を捨てたので、
ようやく母が実際に上の代の着物でお手入れして着ていたものや、
母の着物、親戚の着物という箪笥に近づいてきました。

兄弟姉妹が多いので、柔らか物などそのまま着られるようなものは、
みんなで分けるように言われていますが、今時着物を着ない人にはただ貰っても、ごみだと言われてしまい、
しばらく通える時に片づけて、整理して、どのようなお手入れが必要かとかを見て、
資料を作ってみんなで使っていけたらと思っています。
しばらくこの整理が続くのか、あるいは弟が今はまだといえばまだしないことになるのか、わかりませんが…
時々こんなことしています。

だんだん年を取っている両親、今日は父が少し痩せていて気になりました。
仕事をほとんどやめてしまっているのも気がかりです。
たまにこうしてお弁当持って会いに行くのもよいのかもしれませんね。



追記9月18日

このところ、沢山リメイクを見て頂いている様です。
祖母の物のその後がない物が多いごとにお気づきかと思います。
前に何処かにも書いたかと思いますが、何世代も着られるとか着物は言いますが…
いわゆる晴れの着物以外は普段ですから多くは痛みがあったり、仕立て直しをしていて…布地としても寿命の物が多く有りました。
それ故、残念ながら、素材として使って頂けるところに出したものが多くあります。

今は、母が直した祖母ものなどになり、着られるものが増えましたが、それでもその時くら30年、また考え直しも必要です。

暫く色々な方向から、片付けです。
by masako_texas | 2016-09-15 22:05 | 日々の生活 | Comments(0)

お片付け 別件1

長い文章のみとなりますので、お時間のある方のみどうぞ。
我が家は、元々2世代住宅です。
が、義母がほかの兄弟姉妹の家などとを行き来しておりましたが、このほど我が家にはもう来ないという話し合いをしたようで、いる荷物に印をつけて帰宅されました。

帰宅されてしまうと、丸々家財道具一式はいらないのだそうで…
その日に食べたものや、以前からとってあるチラシとか、いらない洋服、布などさまざま不用品にあふれています。
さすがにいるものを取ってあるので、本当に捨てていいのだなと思われます。
何よりも、30年にわたる我が家からの贈り物だけが残っているのには、本当に閉口しましたが、まあそのくらいきっぱりされているのだなと思います。

こうして書くと簡単な文章ですが、まあ泥沼もありましたが…沼を書いてもだれ一人救われないので、この件に関しては、記録的に記します。

一つとても有り難いことに、全てこの件に関しては実労は私でも、交渉は義母と旦那がしてくれたことです。
一日、荷物を見に来られた日は、私は出かけて家を空けておりましたが、親子で淡々と話してくれたようです。

いるというもの以外は処分ということだったので、日々淡々と棚を空けて分別してごみの日に捨てています。
また、ごみの収集依頼オーダーをしたり…引っ越し便の交渉をしたり。

旦那には実家片付けの時に、義妹たちが困らぬように捨てるのは、私と弟という話をしていたので、そうしてくれたのでしょうが今回とても助かりました。
送る荷物の見積もりをしたので、あとは旦那と義母の日程を聞いてもらい、送れば終了です。

家の方は、一気にごみをそう捨てられないので徐々に片づけとなります。
こちらは、のんびり続けます。

あれこれ、自分の周りも片づけなくてはと思う出来事です。
ここに至るまでは、たぶん旦那は私以上に苦しい思いをしてきたのだと思います。
決まったことだけ、話してくれたことに感謝。
最後のご奉公です。苦しいなかでもいろいろなことがあったなと思います。

どうしようかと思ったのですが、お片付けのお話の折に思いのほかたくさんの反響がありましたので、起こっていることを事実のみ書いてみました。
気持ちは色々ですが、書くとわずかですね。
片づけは、心も気軽にさせてくれるように思います。しばし、こうした片付けが続きます。
悩むものがあれば、トラックに余裕があるので、載せて送ってしまうつもりでいます。
最後まで至らない嫁さんでしたが、とても自由な義母であると思います。
85を超えて力があり、好き嫌いは別として、見習うべきところがあるなと考えさせられます。
しばらくこうした作業を続けています。

長い文章にお付き合いいだたきありがとうございました。

by masako_texas | 2016-08-10 12:47 | 日々の生活 | Comments(2)