<   2017年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

久しぶりに着付け練習

1月はたくさん着る機会があり、毎週着ていましたが、このところ和裁の時のみなので、月に2度程度。
それも今回、大雨でしたので着ませんでしたから、忘れそうなのと、ちょっとコートを着て出るときどうかなと思い着付けの練習をしました。
f0149924_18401878.jpg
ポリエステルの色無地、どうしてもずるっとしてしまうのと、元々の持ち主の体型に合っているので少し工夫が必要です。
でも今回、和装ブラを変えたらかなり改善しました。
旨まわりのお肉を寄せて鳩胸になるように上げる高橋着物ブラです。
これは意外によかったです。
コート1 これは体型の似たおばの物。若いころのもので赤いですが薄手なので、夏の雨にも行けそう。
f0149924_18415125.jpg
こちらは暮れに直した、母の物。私くらいの年齢で着ていたものらしく、今ちょうどの色だと思います。
f0149924_18424328.jpg
f0149924_18433263.jpg
少し、しわが寄ったので綺麗にして帯締めを変えたり
f0149924_18441215.jpg
帯を変えたり
f0149924_18443350.jpg
あっという間に2時間くらいかかってしまいました。
まだまだ、いろいろ努力が必要ですね。

by masako_texas | 2017-03-30 18:45 | 着付け | Comments(5)

袷1紬その5 袖

前回は裏モノに印と袖口を作りました。
表と中表に合わせて袖口開きより5ミリ控えて縫い合わせます。
f0149924_09330006.jpg

f0149924_09330151.jpg


その後袖口を出来上がりに縫い止めてから、裏返して、袖口下から4枚重ねて縫います。
f0149924_09330103.jpg

この後、振りの方は表は表、裏は裏で縫いひっくり返し返します。
まだ、分かれてからを縫っていませんが。
f0149924_09330248.jpg

こんな感じ。
袖完成になります。
細かい丸みに関しては単衣と同じようにします。
内袖に倒します。
仕上げるまでが次回までの宿題。

最近、和裁お稽古が中々進まず…ですが、少しずつ進めています。
自宅で出来る方を招く、それを続ける事の難しさを感じます。
淡々と続けていられたらと思います。
後は、組み立てになりますが、初めての事故、時間が掛かりそうです。

同じ作業をもう一つも同時にすれば、手も覚えられるので、やってみたいと思いますが、洋裁ほどサクサク行かないので、ゆるゆると…です。

先生、悪天候の中、ありがとうございます。

by masako_texas | 2017-03-28 09:22 | 和裁お稽古 | Comments(0)

手作りのお題2017 2月3

ようやく先月の手作りのお題に目処が立ちました。
ひとつは、刺繍終わり
f0149924_21444020.jpg

もうひとつは
f0149924_21444181.jpg

こちらは裏にバスもあるのでもう少し。
ふう。
2つとも終わったら袋に仕立てます。
ひとつは靴や、体操着袋でもうひとつは、手提げです。

この位出来ると頑張って仕上げたくなります。

by masako_texas | 2017-03-26 21:40 | Comments(2)

SADOYA見学 他

f0149924_20155794.jpg

甲府駅から5分程の所にあるワイナリーです。
今回は車で行きましたので旦那がハンドルキーパー。
食事と、ワイナリー見学に。
f0149924_20155751.jpg

f0149924_20155853.jpg

f0149924_20155866.jpg

昼のセット。サラダ、スープ、メインにデザートとコーヒー。
ワイナリー見学は、昔のワインが入っていたタイル張りの地下室。
f0149924_20155989.jpg

f0149924_20155982.jpg

貯蔵は樽と瓶
テイスティング3種
f0149924_20160049.jpg

この他にワイナリー見学には一杯ワインがついてきます。

で、見学するとワインが5パーセントオフでした。

中々楽しく美味しい時間でした。



by masako_texas | 2017-03-18 20:07 | Comments(4)

国立近代美術館 茶碗の中の宇宙展

f0149924_18341690.jpg

f0149924_18341611.jpg

f0149924_18341737.jpg

f0149924_18341841.jpg

思いがけず、2日続けて美術館です。
お茶の茶碗の楽の系譜です。
中々見応えがありました。


by masako_texas | 2017-03-16 18:31 | Comments(0)

暁斉 BUNKAMURA

f0149924_20511993.jpg
友人Kとふと時間が空いたので出かけてきました。
全く知らない日本画の画家さんでしたが、なかなか面白かったです。

日本画あり、版画あり、漫画っぽいものあり、春画ありのなんでもござれの画家さんでした。
どれも何だか愛嬌があって、思わず笑いがこみ上げる感じです。

今回、全く知らなくて昨夜HPで見ただけですが、十分楽しく見ることができました。
BUNKAMURAミュージアムは、日本の物がこのところよい展覧会が多いです。

近場の美術館、ちょこちょこいかれるのはやはり都民の恵ですね。
Kまたどっか行こうね~




by masako_texas | 2017-03-15 20:50 | Comments(0)

袷1 紬その4 袖裏

f0149924_22413161.jpg
昨日は和裁のおけいこでした。
袷の袖の裏布 胴裏を印をつけて、袖口部分の布も一緒に印をつけて、下のような形にします。
いかんせん、構造がまだ理解できていないので、何もかもに時間がばかりかかっています。


f0149924_22413212.jpg
次のおけいこで、袖の表裏を一緒にする四つ縫いができるといいなあ。
それまでに何とか、出来上がった方と同じようにしなきゃ。

今回は、習っている全員、3人とも同じ作業をしています。
今日からしばらく袖!と皆一斉に同じところ以外のことをやめてこちらの作業をしました。
いつもバラバラの作業で、先生の手を煩わせているので、今日はみな同じように進みましたので、いい感じです。

袖と、裏物との合わせ方が単衣と違います。
そこができれば、今までやったことをきちんと覚えていれば…自分で作れるはずですが…
中々…です。
単衣の時と同じように、体が覚えるように同じことを何度か続けていくつもりです。
先が長いのですが…笑





2枚目も同じように出来ました。
f0149924_14420609.jpg


by masako_texas | 2017-03-14 22:41 | 和裁お稽古 | Comments(2)

ホワイトデー

f0149924_20402669.jpg

f0149924_20402618.jpg

いつもくれない息子からです。
家族で食べました。


by masako_texas | 2017-03-14 20:39 | Comments(0)

卓球試合デビュー

f0149924_08535198.jpg

区の体育館でコーチが試合しましょうと言って下さいました。
開けてみたら、10人程区内幾つかの教室から参加していました。
そもそも試合は始めてさんと結構しているグループに分かれて総当たり戦。
その後、卓球教室。
で、夕方の卓球教室。
卓球三昧な1日でした。

相手をして下さった皆様、試合をお知らせ下さっちコーチ、ありがとうございます。
まだまだ…山の様に出来ない事ばかりですが、楽しい1日でした。

身体は、今日バキバキです。笑笑

by masako_texas | 2017-03-13 08:49 | Comments(0)

パターンチェック

先週写したパターンを
今度は縫い代をつけたり、実際に縫い合わさるところが長さが合うかとか、ダーツの縫い代、
倒す縫い代の大きさをチェックしていき仕上げます。
f0149924_20023194.jpg
ダーツは、いろいろ理屈がありますが…
実際に作るように折り、必要な縫い代のところで綺麗にカット。

f0149924_20023123.jpg
肩の部分も折る方向におってからカット


f0149924_20023282.jpg

f0149924_20023279.jpg
なので初めは、こうして縫い代を大雑把に書いて折るところを丸で囲んでおきます。
そして、袖をつけるところは、大体移すパターンならば必ずついている印を前片山側、後ろ肩山側のそれぞれにつけておきます。
袖の方にもパターンについているそのしるしを写しておきます。


f0149924_20023348.jpg

f0149924_20023374.jpg
カットすれば、ほらね。

そして、脇の長さがダーツを折って前後が合うか、袖も袖山と印が合うかなど長さを合わせます。
で、そうした印、合印のところで、縫い代を三角に切れ目を入れておきます。
そして、裁断後にも忘れずに印を入れます。
ここと、型紙の角々に印を入れておけば、全部に印をつけなくても出来上がります。
これを角にノッチを入れると言います。
心配なギャザーを寄せるとかカーブのきついときだけは、直接布に印をつけますが…
これでかなりの時間を短縮できると思います。

縫い代の幅は大体指定がなければ1センチなどと決まっています。
ミシンの針の落ちるところからどのミシンにも印がついていますので、
それを合わせれば決まった幅で縫い勧められます。
さあ、あとは裁断と芯はり、縫製ですね。

実は私は結構面倒ではあるのですがこの作業がすきです。
今回は、袖丈を変えるかどうか、実際に着る人にパターンを載せてみましたが
残念なことに長さを変える必要はありませんでした。

最近は出来合いのパターンを買うことが多くなりましたのでとても久しぶりでしたので、楽しんで作業しました。
それと、昔は縫い代をつけないパターンでしたので、縫う時に印命でしたが、
今はパターンの段階で縫い代をつけるのでこの作業を丁寧にすれば、
半分は仕上がったような気持になります。




by masako_texas | 2017-03-11 20:00 | Comments(2)