<   2017年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

週末に

週末に山梨へ出かけておりました。
2週にわたり同じような感じですが。
借りている野菜畑での収穫、1年目のブルーベリーに3粒の収穫
f0149924_09225802.jpg
f0149924_09230485.jpg
f0149924_09241616.jpg
オオムラサキ問う言う蝶にも出会いました。
f0149924_09230848.jpg
虫は基本得意ではありませんが、蝶を見るのは大丈夫。実は大雨が降っていて、窓のそばに雨宿りに着ていました。
f0149924_09285806.jpg
オオムラサキは町の下水のふたにも書かれています。

無農薬有機栽培の土を作ってくれた畑を借りているので、曲がったキュウリも育ちすぎたものも、虫に食われたトマトも、おいしくいただきました。
虫食いは、その部分を少し大きくカットしたら、おいしく食べられました。
スーパーで買った白いコーンは生食も可能そうでしたが、軽くゆでて食べました。


f0149924_09280271.jpg
f0149924_09300267.jpg
東京は昨日からは少しばかり
気温が下がり楽になりましたが、先週先々週は週末だけでも出かけている間、昼は暑くても夜は涼しかったので体が一息ついて帰宅しました。
夏な恵みに(主に食べ物)感謝。


by masako_texas | 2017-07-27 09:31 | seasonal | Comments(0)

これからのことを考えて

年齢的に子供が一応社会人になり、旦那はもうすぐ定年になるので…人生の岐路に立っています。
この後の人生、続く限り今度は社会にお返しをしつつ、年金なども減っていく世代ですので、細く長く収入のある生活を維持する必要があると思います。
どうしようかな…と思っていて、この数か月の間 自分の能力を測る作業をしていました。
今は様々、自宅にいても例えばPCの能力がどのくらいなるのかはMOSのサイトから無料でどのくらいのことができる出来ないなどを測ることができました。
PCについては、基本的なことはできるが、細かいことやエクセルについては、新たに作るのはむつかしい。誰かの作ったものを維持する能力のみということで限定的に使うことが可能。
英語についてはTOEICの試験を受けるのに際して、無料のサンプル問題もありました。
そして、現在続けたいこと、していることを振り返り…続けることをすることのできて、現在の能力で背伸びにならないお役に立てることは何かを考え、家族の時間を考えて、週に3日ほど働くことにしました。
旦那さんと一緒に出掛けて、ちょっと早めに帰るという感じです。
続けている日本語のボランティアはお休みの日に変わらず行くことができます。
そのほかに、基本土日はお休みなので、勤まるかなと思います。

幾つかダメだったこともありますが、決まったところが一番ご縁がありそうで10年続けられるかなと思います。
出来るところで無理せず、頑張っていければと思います。
とりあえず3月は試用期間となりますので、そこで問題がなければ、続けられるかなと思います。
新たに、舵を切るには思い切りもいりましたが動き出してみると早く決まりました。
家ですることは、のんびりと続けたいと思います。

画像のない、文章にお付き合いいただきありがとうございます。


by masako_texas | 2017-07-21 13:55 | 日々の生活 | Comments(5)

袋帯を作る 2 完成!

数日前に袋帯に芯を入れて、止めて畳んでなじませておきました。
それの両端を星止めして縁から4センチくらい入ったところで千鳥掛けをしました。
これは解いた帯のでき方を見て完全に私なりにテキトーに作っているので、果たしてこれでよいのかは不明ですが、これで着用可能な感じです。
f0149924_11355161.jpg
端っこ、10センチ弱織り込まれています。断ち切りのままの状態。
まずは星止め。
f0149924_11363554.jpg
分かりにくいですが、数センチごとに表にまで通して針目が行き、ゆるりと止めています。
これで、脇も止めてあるのでずれないはずです。
そして、カットと重しをしているときに、横の布目を通すことを少しだけ注意して作業しています。
で、少し開いて、千鳥掛け。
これって、洋裁でも使うし、刺繍のステッチでもありますね。
ゆるっと止めるのにとても向いている縫い方です。
昨日のミシンの見学でも、下着縫製用の千鳥掛け専用ミシンというのもありました。

これで完成です。
使い勝手が悪ければ、〆ながら変えていきたいと思います。
一年中、暑いように思うので芯は、夏用の軽装帯芯を使いました。
洒落袋帯なので、かなりラフに着ていても許される帯です。
もしも普通の礼装用の物ならば、お仕立てに出したと思います。
f0149924_11433673.jpg
まだ、9寸名古屋帯は、芯を入れるところがまっすぐでなく、折り返しがあったりで作れないのですが、この感じならば帯も楽しいですね~
実は帯にしたいものって、たくさんスタンバイしていて、妄想は膨らみます。

この帯は3シーズン盛夏以外の帯なので、出番をもう少し待つ間縫うために折った端を重しして伸ばしておきます。

by masako_texas | 2017-07-14 11:43 | 和裁お稽古 | Comments(0)

JUKIミシンさん見学

f0149924_15031488.jpg
我が家のミシンを買ったミシンプロさんのHPに募集がありJUKIミシンの見学に行きました。
上は、本縫いの最新鋭ミシンだそう。
f0149924_15015543.jpg
京王多摩センターから行きました。


いつも使うシュプールより速い、大きい、それから何か一つに特化したミシンと言うのが、工業用。
普段大変な思いをしながら作る箱ポケットや、ボタン付けやボタンホール、あっと言う間に❣️
感激❣️
機械好きなら嬉しくなります。

今回は、工業用でしたが、普通に家庭用も見学可能な様です。

ミシン、好きだから…テンション上がります。
以下、ミシンいっぱいあげますね。
ミシン、工業用のショールーム、まずこの沢山のミシンにテンションが上がります。
f0149924_11290293.jpg
本縫いのミシン
f0149924_11291045.jpg
f0149924_11293070.jpg
ボタン付けのミシン。
ボタンの表裏も回りながら揃えてくれるそう。
f0149924_11294379.jpg
こちらは、足のあるボタン付けようのミシン。
f0149924_11295947.jpg
玉縁ポケット製作用のミシン
f0149924_11301153.jpg
f0149924_11302522.jpg
シャツのボタンホール用ミシン
f0149924_11304145.jpg
ロックミシン、工業用
ごみ箱に切られた布が直結で行くようなバキュームがついています。
f0149924_11305571.jpg
下着縫製などに使われる千鳥掛けミシン。
レースをかわいく着けてあったりするあれです。
f0149924_11311011.jpg
ジーンズのポケットステッチ用
f0149924_11312690.jpg
ジーンズのポケットを縫い付けるミシン
f0149924_11314252.jpg
f0149924_11315483.jpg
これ分かりにくいですが、袖ミシンです。
縫っている人の左手下にしたいとがあり、その大きさだけが下の機械部分、カバンなどを作るのに向くミシン。
何だか愛らしい形です。
f0149924_11321513.jpg
f0149924_11322783.jpg
JUKIミシンの皆様、新宿ミシンプロ田中様、ありがとうございました。
中々見られないものを楽しく見せていただきました。
我が家のシュプール、何だか同じ会社のミシンなので、直線線用ミシンととても似ていて、使わせていただいた感じが近いので、フフフと思いました。

by masako_texas | 2017-07-13 15:08 | 日々の生活 | Comments(0)

古い大島 仕立て直しに出す用意

以前、実家の母のところから貰ってきたものですが、袖がほつれるなどがあり、今年直すかもう1,2年着てからにするか迷っていたのですが…
主な縫い目に弱りがあると思い、洗い張りと仕立てなおしに出すことにしました。

実母にその話をしたら、自分で仕立てるの?それは…と微妙な顔をされたので、お仕立てに出すことにしました。
で、まずはその準備。
解きです。
f0149924_16323536.jpg
今はちょうど袷を縫っているので、塗った順番と逆に解いていくと、よく構造がわかりましたし、今までにいつになく早く解き終わりました。
あとは、お仕立ての方の都合がつけば持っていきます。

解いていて面白かったことは、何度か直した跡があったことです。
なので、押し立て直しに出す決断をしてよかったなと思いました。
きわどくて。私には組み立てられないかもしれないです。
そして、織り込みが前にもありましたので4センチくらい身丈を出せるかなと思います。
そのあたりも洗い終わり次第ですが…

祖父の兄弟の着物なので、母の前にも誰か着たのかもしれません。
直しの糸が様々な糸でした。
又、袖部分は、もろかっただけあり、どうかなと思ったら、何か所か寸法を直してありました。
裾も直したらしく、胴裏の裾回しとの縫い代が若干少ないかんじでした。
(胴裏は、仕立てなおしの時に場所を少しずらして位置を変えて、布を変えずに綺麗になるように仕立て替えすることができるように裾回しとの剥ぎ部分の縫い代が多くなっています。)
祖父は生きていれば110くらいなので、その姉か妹の着物なので、100歳以下ですが6,70年前のものだと思います。
入れてある裾布も、年代物の裾回し布でしたし、襟裏も胴裏の残りでした。
母の着るときには、どうも全体を直したのではなく一部直したようです。
背縫いと袖の一部がとても古い糸でしたので、どうも丸洗いと、寸法直しに出したんでしょうね。

仕立てなおしに出して正解だったのは、最も古いと思われるところが背縫いとおくみ付け部分だったのですが、いずれもとても糸が弱っていて、引くことがむつかしいことになっていました。
それでも、直しながらもきちんと基本にそって綺麗に縫ってありました。
今は袷を縫っているので勉強になりました。
f0149924_16480886.jpg
着るとこんな感じです。以前の画像ですが…
合わせの時期に又戻ってきて、着るのを楽しみにしています。

こうやって直して着ることのできる着物ってすごいですね。
そうそう、以前のこの着物のことはこちら
気に入ったものは、大事に着たいなと思います。


by masako_texas | 2017-07-12 16:50 | お直し | Comments(0)

袷1紬 その8 裾合わせ、中綴じ:背とわき

前回は、長さを合わせておくみを付け直したり、裾回しの長さを変えたりして、裾を縫いました。
片側だけ縫って、反対側を自分で縫いましたが…上手く行きませんでした。
なので、今日のおけいこの初めは、曲がってしまったところをほどいて、布目を通して裾を縫うところから始めました。
襦袢地の残り布で幅4センチの布を140センチほど作り、裾吹きとして用意しました。
吹き布を裾に縫い付けて、アイロンをかけて仕付け、2ミリのふきを出して仕付け、端に糸をつけました。
f0149924_21544304.jpg
次に、背中心、脇、おくみ付けの順で中綴じをします。
今日は表裏の背縫いを合わせて縫いとめておけいこはおしまい。
その後、脇を縫いとめました。

次は、おくみ付け部分の中綴じですが、これをしてしまうと袖の見八ツ口の始末がわからないので、もしかしたら解くことになる?と思い、ここでやめました。
f0149924_21573817.jpg
裏はこんな感じ。
f0149924_21580470.jpg
段々形になってきました。
袖付けまでは知らないやり方ですが、えりから先は、単衣の広襟と同じなのでちょっと山登りもだいぶん終わってきたぞ…みたいな感じがします。

同じことをもう一度できるかというとわからないことがあるのですが…

先生、今日も暑い中をありがとうございました。
今気づきましたが…一回記録が抜けています。(笑)

余りに今日は暑いので、夏きものを着ることができませんでした。
浴衣です。自作の浴衣です。これは浴衣Ⅱです。右のおくみに剥ぎを入れて11mほどの反物を使って何とか仕上げています。
f0149924_22024779.jpg
浴衣としてみたとき地味な感じがしたのですが、着たらなんだかいい感じでした。
紗の半幅帯と夏の帯締めでやの字に結んで楽に着ています。
下は、クレープ生地のステテコとキャミという気楽ないでたちで、少しだけ補正にタオルを入れています。
襦袢一枚の差ですが、本当に暑いのでそれだけでかなり楽で、クーラーが入っていれば、脇が開いている着物は結構大丈夫。
体の大事なところがたくさん布が重なっているので、涼しく、それでも快適でした。

少し着物の構造がわかってきて、楽しみになってきました。


by masako_texas | 2017-07-10 22:09 | 和裁お稽古 | Comments(0)

袋帯を作る 1

先日、しばらく前から欲しかった感じの帯の生地を格安で見つけ購入。
でも帯芯が入っていないので、自分で入れて袋帯を仕立てようと思いました。
まず自前の袋帯と重ねてみます。
織り込みがあるとはいえ長い…
f0149924_14312292.jpg
よく見ると柄付けの初めのところに線が織ってありましたのでそこでカット。
織り込んでちょうどよい長さになります。
およそ440センチ。袋帯は大体420から440程よい長さだと思います。
そして裏返します。
f0149924_14331665.jpg
帯の幅31センチよりも2ミリ弱細く帯芯をカット。
長さは440センチにカット
f0149924_14341651.jpg
f0149924_14343765.jpg
裏返した帯に載せて開いてある縫い代の片方に合わせて、縫いとめます。
ただひたすらずれないように根気よく縫う縫う…
f0149924_14353592.jpg
反対側も縫う…
終わりましたら、ひっくり返して
f0149924_14360449.jpg
カットした部分をきれいになるように布目を通して止めて
f0149924_14362379.jpg
畳んでたとう紙にくるんで、重しをして今日はおしまい。
次は端をかがって止めますが、様子によって少し星止めしたりしようと思います。

f0149924_14365854.jpg

f0149924_14391636.jpg
以前蝶うちょの帯を作った時はまだ何もできなかったのですが…
少し形がわかっているので、さくっとここまで来ました。
さて、お願いした方がよいものなのか…身に着けてみないとわかりませんね。
9月後半から絞められる帯です。

次に広げるときにつり合いがよければ、閉じて終了。
悪ければちょっと開いて直さなきゃいけないかなあ…さあ、お願いした方がよかったのか…どうでしょうね。


by masako_texas | 2017-07-09 14:38 | 和裁お稽古 | Comments(0)

帯の作り直しに1

先週実家から引き取って着た帯、どうしようか悩んでとりあえず解いて洗いに出すことにしました。
f0149924_15313902.jpg
元のお話はこちら
染み抜きと新井に悉皆屋さんに出してみて、その先戻ってきたらどうするか決断しようと思います。
名古屋帯の構造がわかり面白かったです。
お世話になっているのは、新井薬師のつるやさんで、白生地からの染めもしてくれるので、ほぼ何でも持って行って店主や奥さんに聞いて悩んで持ち帰ることもありますが、アドバイスをもらい予算を告げて、できる出来ないを聞きお願いしています。
そのほか、思わぬ掘り出し物がありますのでお近い方はどうぞ。

戻ってきた具合で、帯びになるか…どうしようかなと思っています。
母の刺繍なので、悩んでいます。
よく見るとフランス刺繍のステッチでできていることがわかります。

by masako_texas | 2017-07-08 15:36 | リメイク | Comments(0)

片づけ再び 2

本日も片づけに出かけました。
家族の事情で、基本は臨時の手というお約束。
ごみは最近は車で行かないので分別して隣に住む弟にお願いして帰宅。

今日は約束した時間に母が不在、家族だけが知る近場に出ているとき開いているところから入りました。
いつもはいるところから入らなかったので、嫌にトイレが気になり、母が帰宅するまでトイレ二つをごしごし掃除して、いつも使っている部屋を掃除してモップをかけたところに母が帰宅。思うように歩けず、思いのほか時間がかかったそうです。
そのあたりが、歳をとったなと思いつつ…
食事をして、片づける部屋の明らかなごみを片付けて、物を少し移動して…掃除機をかけて…としているうちにあっという間に帰宅時間に。
その間に、甥っ子が二人それぞれ会いに来てくれました。

今回のお片付け、母は口は出すけれども実労をしなくて…
歳をとったなと思います。
全体をどうするのかを一応提案をして、次に行くまでに弟と相談しておき、次回又動くという感じです。

捨てるものの中から、母が自分で刺した刺繍の帯を持ち帰りました。
ある程度の値段以内に綺麗になれば、使う価値があると思いますが…

着物の部屋も開ける必要があるので、移動する、分けるのいずれかになるかと思います。
しかしながら、4人きょうだいのうち着るのは私だけなので…難しいなと思います。
決して勝手に開けないようにしているので、ひと手間二手間かかるものだけ、母が持ち帰るように言ってくれます。
これは、弟もそこまで手を入れられる人がいないので、どうぞという感じです。

残念な帯の画像です。
f0149924_22192056.jpg
f0149924_22194928.jpg
なぜこういう風になってしまったのかわかりませんが…
解いて染み抜きと洗いにというと結構かかりそうで、予算次第で悩むな~と思います。
もしかしたら刺したものを、色の趣味の感じですが、祖母にあげたのかもしれません。
祖母はあまり始末のいい方ではなかったので、この感じだったのかな…と思います。

楽しみでもありますが、お財布的には新しいものを自分の趣味で買う方がよほど楽しいときもあるんじゃないかなと思ったりします。




by masako_texas | 2017-07-05 22:23 | Comments(0)

V開きカーディガン

同じロックミシンの糸のものをと思い、作りました。
こちらも一枚かーでを捨てようと思ったら濃い色がないので慌てて…あとは明日、ボタンホールとボタンをつけて完成。
意外にホールは、じっくり見てつけないと曲がるのでまた明日にします。

布パターンともクルール V開きカーディガン
薄手の天竺木綿です。コーマソフト天竺ビターチョコという布です。
f0149924_23240922.jpg
画像のボタンが適当に並んでいておかしいですね。
少しづつですが、パターンが変わっていて、今年のものは今っぽい感じですね。
これは前立てが作りにくかったけれど、ゆっくり作っていくと出来上がって綺麗でした。
f0149924_23260999.jpg
豆に、アイロンを脇においての作業をしていたので、基本に忠実にじっくり縫物に向かえて大満足な一日でした。
まだまだ、縫いたいものもありますが、体を壊しかねないので、まあそこそこ頑張りま~す。
どうも私には、何かをあ始めるとブレーキが利かない癖があるので、段段歳ごとにあとから体に来ることが多くなりました。
3日も割合薬が効いて家事と必要な買い物以外ごろごろしていたら、力が余ってしまいました。
少しづつ、欲張らないでどれも続けていきたいなと思います。

やはり作り物は、着るものが一番好きかな~
あ~楽しかった。
追記7月3日
無事ボタンとホールの完成。
f0149924_15564033.jpg



by masako_texas | 2017-07-01 23:29 | 縫い物服 | Comments(0)