<   2017年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

袷その1 その9 襟下、身八つ口の縫い合わせ、袖付け

かなり先が見えてきました。
7月の末以来のおけいこなのですが、これからは月に一度見ていただくこととなりました。
f0149924_00134441.jpg
一回、おけいこの時の画像を撮っていないのでそれ以来の工程を書くとたくさん。
襟下をおくみを仕付けをかけて縫いとめて、裏返して中表にして縫いました。
その際、角に表裏から聞ける糸をつけて置き四角く仕上げます。
f0149924_00160340.jpg
この部分の片方を終わらせて、前回終わったのですが、画像を撮り忘れたママに放置。
しつけが多いですが、形がとりやすいので要所要所表からもしつけ。
後で解いてきます。
コートのどんでん返しと同じなのですが、何回も裏にしたり表にしたりですので、抑えるときに都度その部分はアイロンをしたのですが、全体はしわになっちゃいました。
アイロン仕上げしなきゃ。
その後、身八ツ口のところを閂みたいに止め縫いをしてから、身八ツ口部分も裏から縫い付けて、袖を表は表、裏は裏で、中から縫います。
最後は襟をつけていないので、縫ってはまたひっくり返しを繰り返しました。
f0149924_00193028.jpg
何とか片袖がつきました。
もう一息です。
襟は単衣の広襟と同じ縫い方なので、技術的には自分でできるはず…です。笑

これと縫い掛けなので、もう一枚はなんとか自分で仕上げようと思いますが…
着てみてあまりよくなければ基本的には袷はお仕立てに出そうかなと思いました。
お仕立てに出しているところは男仕立てというくけ台を使わない縫い方で仕立てています。
どうも表裏がしっくりこないというか…見えないところなのでよいと言えばよいのですが…気になります。
もう一枚をきちんと心がけて丁寧に縫ってみて気に入らなければ、判断しようかなと思います。

久しぶりにゆっくりと縫物のことを考えて過ごせて幸せな時間でした。
先生、皆様ありがとうございました。
段々形になってきて…やはりうれしいです。

by masako_texas | 2017-09-30 00:24 | 和裁お稽古 | Comments(0)

友達のことなど、近況

長い文章になりますので興味のある方のみどうぞ。
50を過ぎて、新たに人と知り合うのはなかなかパワーのいることだと思います。
この頃、仕事を始めたりしたので、新たな関係を作ることが多くありました。
f0149924_10543466.jpg
そんな中、昨年幹事をした卒業30周年の会以来、古くからの友人知人と会うことが増えました。
人と人のつながりって芋づる式で、そこから多くの別の知り合い同士をつなぐ機会がありました。
こちらは、パワーを多くいただくことが多いリユニオンです。
私自身には何も一見返ってこないことで、知人同士をメールしたり電話して、この方に了解を得てこちらの名簿に載せてねというだけなのですが…
今まで25年以上引っ越しの多い暮らしをしていたので、別の顔の広い友人に知らせておけば、彼女は誰かに知らせてくれて名簿が皆塗り替わったり、連絡のつかないときは実家にも聞いてくれたりしていましたので、今度は順番なんだなと思います。

仕事も何とか、試用期間をこなしています。
前任者が1日でいなくなってしまったので、日々PCと机の中を検索しながらそれまでの仕事をトレースしてとにかく回すという感じです。
それでも、周りの方の協力があり、こんな風ですよと教えていただき、あるいは一緒に探していただきながら日々こなしていました。
なんとなく、経理やそのほかの方々とつながりがあって回っていることがわかり、ずいぶん助けていただき、地方の方にも前年はどうでしたよと書類を教えていただいたりしながら暮らしております。
皆が何とか回すために、本来私がするべきことも分担して回す努力をしていただき、本当なあなたの仕事よと言われつつも、サンキューと言いながら回している感じです。
みなさまありがとう。

自分についても仕事をするうえで、さまざま協力をしてくれる友人がいました。
この友人たちにも、この数年で出会うことがなければ、今回のようなことには至らなかったなと思います。
少し、縫物や作り物が減っていますが、やはり作ることは大好きなので、少しづつ余裕ができたら、作ることができるかなと思います。
時間があっても、このところ一時期の様に大量にモノを作るということがむつかしくなってきているので、そう沢山ではないと思いますが。

残念ながら、以前よりも疲れているときにミシンに向かうとかがむつかしい気がします。
年齢や、目の様子などを受け入れつつ、続けられるといいなと思います。
様々な場面で出会う、人生の先輩方を目安に(なんと後期高齢者の方々!)私も様々続けたいと日々願っています。
色々な出来事の周り方に感謝感謝の日々です。

具体的なことを書くと、人物の特定につながるので書きませんでした。
それゆえわかりにくい長い文面になりました。
そんな長い文章にお付き合いいただきありがとうございました。





by masako_texas | 2017-09-19 11:13 | Comments(4)

スカンツ




f0149924_23210884.jpg
布、パターンともにクルールさん コットンシフォンという生地だったと思います。
薄い羽のような透けるコットンの生地です。
カットしてしまえばそう難しいものでもなかったのですが、布が薄くて柔らかいのと黒っぽい色で見えなかったのでなかなか腰が上がらず、
1年くらい置いてしまいました。
が、何でも合わせやすそうなスカートとキュロットの間という感じです。

f0149924_23211175.jpg
ウエストベルトを少し長く取って、ウエスト大きめに作っています。
今回は、コンシールファスナーがまともに付きました。^_^
本来の目的通り、縫い目に見えるように付きました。
f0149924_09065896.jpg

後、ホックをつければ完成ですが、少し試し履きをして縫い付けようと思います。
やはり服作るの好きだな~と思う一枚です。


by masako_texas | 2017-09-18 23:20 | 縫い物服 | Comments(0)

MINITURE LIFE展 田中達也 見立ての世界

ひよっこのオープニング画像の方の展示です。
気づいたら、今日までで急ぎ出かけました。

f0149924_18004963.jpg

f0149924_18005302.jpg

f0149924_18005554.jpg

f0149924_18005997.jpg

f0149924_18010237.jpg
f0149924_18192344.jpg
f0149924_18193429.jpg
f0149924_18194504.jpg
f0149924_18201336.jpg
f0149924_18202852.jpg
チケットを買うまでに30分も並んだので、面白く無かったら許さん!と思ったのですが、とっても楽しくて画像をいっぱい取って…
家事を慌てて済ませて、日本語ボランテウィアの前のあわただしい時間だったのですが、頑張って見に行った甲斐がありました。
とても楽しかったです。

前日の友人のSNSに載っていて、会期を確認してびっくりでした。
教えてくれたTちゃんありがとう。感謝。

出てくると思わずにっこり出来る楽しい展示でした。


by masako_texas | 2017-09-12 17:56 | Comments(2)

山種美術館 上村松園 美人画の精華

大好きな美術館に大好きな絵を見に行きました。
日本画は全然歴史を習ったわけでもないので単純に好き嫌いだけで見ていると思います。
f0149924_16583019.jpg
今回は、上村松園をモデルにした小説序の舞を読んだのでとてもリアルに彼女を思い浮かべてみました。
又、絵の表装が気になりじっくり表装も見ました。
絵の雰囲気に合わせて様々な布で作られていて、合わせての絵だなと思います。
そして残念なことに、それだけのお軸をかけることのできる和室に置くことはほとんどできないんだろうなと思いながら。
この絵が描かれたときの日本の様子を思いながら…広い和室の床の間に飾られている様子…
ひとつづつの季節…昔の家の作りを思い、描かれている町井の人々を思い…ゆっくり眺めました。

今回は突然行く~?と友人を誘い二人で。
f0149924_17031233.jpg
ね。
定番の企画展に合わせたお茶菓子をいただきました。
f0149924_17035497.jpg
f0149924_17041385.jpg
今回の写真を撮ってよい絵はこちら、砧。
f0149924_17044992.jpg
松園のほかに好きな物だと奥村土牛、伊藤深水が数点出ていました。
背中が伸びるような気がして、松園の絵は大好きっ!!です。

こちらは着物割があり、突然行っても着物を着ていると前売り値段。
今日は単衣を着ました。
f0149924_17090505.jpg
少しだけ、頑張って着続けていたので、段々に着物の敷居が下がり始めました。
うんと上手ではありませんが、まあ思い切り時間がかからず、そこそこに着られるようになりました。
そこそこ楽しい着物生活です。
一日着ていてこのくらいなので、まあ良いかな。

一緒に行ってくれたMちゃん、ありがとう。

by masako_texas | 2017-09-09 17:13 | Comments(0)

パッチワークのバッグ 今月の課題

まだ前の月のものも仕上がらないうちに今月も来てしまいました。
手作りの会です。
f0149924_22211090.jpg
今月の見本。
私はブルー系を選びました。
出来上がるかなあ~

少しだけ作業をして来ました。
いつも、同期とワイワイして帰宅します。
毎月整えてくださる先輩のHさん、ありがとうございます。


by masako_texas | 2017-09-08 22:22 | 手作りの会 | Comments(0)

お仕立て直しが上がってきました

以前解いていた着物はこちらです。
これを和裁士さんを通して、洗い張りと仕立て直しに出していました。
f0149924_21535235.jpg
今日、無事に仕上がったので引き取りに行きました。
これはもともと祖父の姉か妹が着ていたものでしたが、亡くなった時にほかのさまざまと一緒に皆さんで分けたものだそうです。
そのうち、染のお着物などは先に近い方がとり、と皆さんで分けられた内の一枚だそう。
一番遠い親戚に来たのは 分けた当時は普段着には誰も振り向かなかったからだそう。
なぜなら、当時紬は本当に普段着で元々の方はこれを着て歯科医師として診察をされていたようですので、本当に仕事着だったようです。
f0149924_19555139.jpg

母のところから引き取って着た後にも丸洗いをして、綺麗になって着ていたのですが…
この春、袖がほつれ、あちこち糸が傷んでいたので思い切って直すことにしました。
当初、丈は私の身長には足りませんでし、袖丈も裄もちょっと短かったのです。
が…元の持ち主はどうも私と同じような体格で、他のこの方の着物はジャストサイズだったので今回自分サイズに直すことができました。

何よりも心配した袖丈と裄も少し筋が残るものの、目立たぬところに入れて仕立て直してもらい、いつもの自分のサイズになりました。
新しい着物になったような一枚です。

洗い張りと仕立て直し、安くはありませんが、ワンピースを一枚買ったと思えば…という値段です。
自分でも縫っていて…どうしてもかけ針を使う仕立て方では上手く行かないので男仕立ての子の和裁士さんの物はしっかりしています。
シミもわずかにあったものは、ほぼわからないくらいになりましたし、本当に着物の四角い布になるシステムはエコでよいシステムで、感激です。
そうそう丈が出たので裏物が少し足りなくなり、見えないところで剥いでくれています。

もう一枚の息子用の御召紬も、シミ個所を確認してお仕立てのお願いをしてきました。
そちらは、祖父の遺品です。なぜか息子と誕生日が同じです。

着物、着るのも好きですがこうして直して命が生き返ることのできるところがとても素敵だなと思います。
いつも仕立ててくれる和裁士のSちゃん、ありがとう。

by masako_texas | 2017-09-08 22:11 | Comments(0)

帯仕上がり

洗って、シミ抜きをして、仕立て直しに出していた帯が仕上がりました。
f0149924_17083038.png
中秋の月の時期に間に合いそうです。


by masako_texas | 2017-09-05 17:06 | リメイク | Comments(0)

弘前城

最後の日は、午後のフライトでしたので弘前城に行きました。
f0149924_20092786.jpg
部屋から岩木山を眺め、出かけました。
f0149924_20100358.jpg
f0149924_20102769.jpg
駐車場においでになった藩祖像、かっこいいですね~
こちらの駐車場に止め隣のお城へ。
f0149924_20113016.jpg
桜で有名なので、桜の木がいっぱいです。
f0149924_20123711.jpg
お城の中は、大きな木がたくさん、桜の古木もたくさんですがヒマラヤスギが大きくてパインコーンが立派についているのをはじめてみました。

f0149924_20125015.jpg
思わず何かとじ~っと見ましたよ。
お城はほかにも紅葉がたくさん、紅葉の時期良いでしょうね~
f0149924_20140793.jpg
このお城は、本丸を曳家して石垣を直しているので有名です。
もう4年くらいかかるようです。
f0149924_20153346.jpg
f0149924_20154806.jpg
なので本丸が不思議な場所にあります。
f0149924_20162283.jpg
中にも入れるので、面白いです。
f0149924_20164408.jpg
f0149924_20165547.jpg
午前中いっぱい、お城の中を植物を見たり建物を見たりして眺めて、青森空港へ行きました。
空港では、青森の漁連ので店があり生きホタテを売っていましたので、抱えて帰りました。
生で食べるとき、生きているホタテをさばいたので、なかなか貝を開けられず苦心しました。
そんな場合の貝を開けるナイフ状の道具も込でした。
f0149924_17284850.jpg
f0149924_17290443.jpg
f0149924_17291689.jpg
長い旅も終わりました。
自宅で洗濯三昧です。

4日月曜から仕事です。
椅子がなくなってたらどうしましょうね。

一緒に歩いてくれた旦那さん、3泊止めてくれたT夫妻、お休みをくれた勤め先の皆様、ありがとう。


by masako_texas | 2017-09-04 20:21 | Comments(4)

岩木山

旦那さんが、頑張る日本100名山の1つで、今回八幡平、八甲田山、最後に岩木山で70になるそう。
珍しく一緒に登りました。
f0149924_21240059.png

f0149924_21240398.png

f0149924_21240428.png

f0149924_21240592.png

f0149924_21240604.png
ヘロヘロになりましたが、9合目までは車とリフトで。
帰りは、駐車場まで歩きました。
いつもこんな山登りしてるのかと感心してました。
周りは日本一のりんごの町の様で、沢山のりんごの畑でした。
f0149924_21270971.png

f0149924_21271181.png

f0149924_21271206.png
遠くからの岩木山
f0149924_21271493.png
弘前駅の側のホテル泊、そこからの岩木山の夕焼け。
明日は東京に帰ります。
りんご、思わず買いましたよ。
フレッシュで美味しい!
画像を撮る前に食べてしまいました。


by masako_texas | 2017-09-01 21:20 | Comments(0)