祖母の帯を洗いました。

こちらは旅行に出る前に自宅に持ってきた祖母の帯。
f0149924_14221168.jpg
綺麗なところを少し光強めに画像を撮っているので、まあ普通の帯に見えます。
とても布がすきでしたが、あまりに汚いので、まずは出かける前に解きました。
が、洗い張りに出したりするのももったいないような…あまりよくない感じです。

60年以上いや100年はたっていないが、祖母の若いころというと、母が80超だからまあそのくらいかと思います。
なので洗い張りに出してもあまり効果が期待できないので、解いたところ普通の縮緬地に金色の刺繍が一部してあるものでしたので試しに水で少し濡らして端っこを洗ってみました。
結構布の水で汚れの取れるところは取れるので…思い切って全体を手洗いして、さらにアクロンで普通に洗濯機の手洗いコースで洗ってみました。
f0149924_14260795.jpg
後ろの壁と比べて、激しく黄色くない程度に地色が綺麗になりました。
解いてみて、9寸の帯地の縮緬でした。
昔のものなので、短いので裏地のようなものを30センチほど足し布してありました。
さて、どうできるかというと良く分からないのですが…

1)そのままアイロンをかけて帯に仕立てをお願いする。
2)切って、鞄類を作る。
という二つの選択肢があります。
乾かしてアイロンをかけて…
少し悩んで決めようと思います。

このくらいの色ならば、いろんな紬に合わせて着たい感じもします。
始末が済んだら、帯びの職人さんに会いに行って、何ができるか相談して決めていこうと思います。
母は、あまりにシミが多くて諦めたといっていましたが
赤い部分を前に持ってくるように巻いたら、後はお太鼓のしみが目立たなければ使えるようにも思います。
f0149924_14433988.jpg

いずれにしても生地としてとても愛らしくて好きなので、何かの形にして使いたいと思います。

# by masako_texas | 2018-09-24 14:32 | リメイク | Comments(0)

白川郷

石川県から、東京方面に行く道を粋と違うルートで買える道に白川郷があり、最後の観光地として選びました。
f0149924_13120268.jpg
f0149924_13122295.jpg
f0149924_13123492.jpg
f0149924_13125721.jpg
f0149924_13131198.jpg
f0149924_13132383.jpg
f0149924_13133444.jpg
時々気づいて画像を撮る下水の蓋
f0149924_13140795.jpg
半分青井で有名になった五平餅
f0149924_13141872.jpg
この旅行の間ずっとどこもお米が収穫前で実ってゆらゆらと揺れていました。
f0149924_13142880.jpg
白川郷、私たちは午前の早い時間に金沢を出て10時過ぎについてけんがくしていました。
観光バスがたくさん、着ていましたので、こういう車の旅以外だと大阪や大きな都市からのツアーがあるのかもしれませんね。
高速も断続的に完成していて、まだまだどこかで一般道を使わないとどこからも高速だけでは行きにくい場所でした。

今回巡ったところは豪雪地帯、冬場はつらいだろうなと思います。
合掌作り、一度は見てみたいと思っていたので中々感動でした。
1階が生活空間、それ以上の階は、仕事場だったようです。
機織り、養蚕などをしていたのだと。
f0149924_13202709.jpg
一見大きなお宅が見学用に開いていて、4階建てでした。

長い長い旅でしたが、最後あまりに山道がきつくて車酔いしてしまいました。
まあそれでも何とか帰宅して、1週間以上家を空けていたので、掃除と洗濯に明け暮れています。
あすから普通の日が戻ってきます。

旅の規格をしてくれた旦那に感謝。
無事に帰ってこれたことにも感謝。

少し、暑さが引いてきましたね。



# by masako_texas | 2018-09-24 13:23 | その他 | Comments(0)

金沢2



二日目は、バスに乗るのがうまくなり、ひがし茶屋街、近江市場、金沢駅へ向かいました。
f0149924_12501074.jpg
市内を周遊のバスが、右回りと左回りが出ていて、3回以上乗るならば一日券がお得。
私たちは活動時間も短いので、2回でしたので買いませんでした。
f0149924_12513411.jpg
五木寛之の記念館、建物が素敵です。ひがし茶屋街へ。


f0149924_12525115.jpg
f0149924_12533229.jpg
一区画かなり広い感じに、保存されていて、とても素敵です。
が、お土産やさん空間といった感じですが、それなりにおいしいとか、綺麗なお店ばかりなので、街の見学とお土産品の買い物が一挙にできるぶらぶら空間でしょうか。
女の人の大好きが詰まっています。
なので、旦那さん的には、つらかったと思うのですが、甘いものを頼りに引き連れていきました。(( ´艸`))
f0149924_12552975.jpg
カフェに入りました。
f0149924_12560125.jpg
ほうじ茶パフェです。
f0149924_12563476.jpg
近江市場まで歩き、おひるごはん。

f0149924_12565230.jpg
f0149924_12572818.jpg
腹ごなしに金沢駅まで歩いて

f0149924_12575356.jpg
駅構内にあった こちらのミニチュアもかわいいです。

f0149924_12582484.jpg
駅中をぶらぶらとして、バスで帰宅。
駅で、疲れたというので、帰りに夕飯用に駅弁を買いました。
なぜか山は何時間でも平気なんだけど、街はやはりつらいようです。
私は、この後、この日の宿の前にあったお菓子屋さんに行き、お土産を選んできました。
f0149924_13005102.jpg
f0149924_13010698.jpg
西茶屋街もふらふらっとして、楽しみました。
逆に私は、こういう町はいくら歩いても全然平気、美術館なんかもはしご平気です。( ´艸`)

又、金沢には友禅、九谷焼などを見に来たいなと思いました。
今回、石川県、福井県を主にめぐりました。
車でしか行けないところメインに周り、面白いなあと思いました。
この後、白川郷に立ち寄り、また長い道のりを東京まで車で戻りました。
もう一日分、白川郷の話を書きます。(忘れないうちに)

帰宅後はお決まりの選択と掃除に明け暮れているので、書いていてもしばらく前の事のように思います。

# by masako_texas | 2018-09-24 13:05 | その他 | Comments(0)

金沢1



白山を降りて、金沢に出ました。
車の旅なのですが、今回は街中なので、少し離れたホテルに車を置いてバスト歩きで回りました。
白山から2時間半程度で金沢市内へ。
意外に早いという印象ですが…ここは雪の降るところなので冬はそうもいかないのかなと思います。
泊まったのは西茶屋街のそば、
f0149924_12383251.jpg
バスの乗り方がわからずこの日は長い長い歩きで。
f0149924_12391789.jpg
犀川をわたり、21世紀美術館、兼六園へ
f0149924_12401481.jpg
f0149924_12404913.jpg
f0149924_12410191.jpg
f0149924_12411396.jpg
ここは、今見たいと思うものがなく、無料で見られるエリアだけの見学にしました。
人が多くげんなり気味で、隣の兼六園へ
f0149924_12420909.jpg
お茶室にも行きました。
新しい建物ですが、全体的に石川県を誇るというか郷土愛にあふれていて、素敵です。
f0149924_12433460.jpg
f0149924_12440114.jpg
f0149924_12443085.jpg
一つ反省、旦那さんと一緒に回るには、目的を決めてきちっと回らないといけないこと、しかも時間を短く回らないと辛いらしい。
なのでこの日は、このくらい。
この辺りが女子の旅は、結構くるくる回るし、その後ご飯に出かけます。
旦那さんはちょい疲れてしまい、近所でご飯を買ってホテルで食しました。
そのあたりがとても残念。
ただ、今回都市の旅ならば自分でも行けるので、その辺はまたの機会でも十分いいかなと思って、翌日は行きたいところ二つに絞り
旦那さんとも楽しめることを目的に出かけました。

金沢、またふらふらと歩きたかったり、じっくり見て歩きたいところも食べ歩きたいところもたくさんです。
うちの旦那さんとは、山や野原は歩けても、目的泣き散歩は嫌いらしいので難しいようです。
私は、目的泣き散歩はとても好きなので、それはそれで、楽しめばいいかなと思いました。




# by masako_texas | 2018-09-24 12:49 | その他 | Comments(0)

白山ろく民族資料館

白山ろく民族資料館
白山工房から歩いて数分のところにある白山ろくの地域の暮らしを展示しているところです。
全くもって期待していなかったのですが、とても面白かったです。
地域の暮らしの博物館と、実際のエリアの建物を7軒移設したもの。
f0149924_20452113.jpeg
f0149924_20461079.jpeg
f0149924_20465480.jpeg
f0149924_20473134.jpeg
旅の始めに武家屋敷を見たので何となく、農家の色々な家を見るのは楽しかったです。
今の家が、いかに快適なのかをしみじみと感じ、豪雪地域の暮らしを見る博物館です。
よく見るとどの家も二階から出入り可能な感じになっていました。


# by masako_texas | 2018-09-21 20:38 | その他 | Comments(0)