地方へ行くってことは、

幸せなことに、自分自身も親元から大学、就職としたせいで、こんな経験は初めてです。
娘のセンターの結果次第で、受かる可能性のある東京にない大学を受験するために宿、JRの切符のセットの予約をしました。
f0149924_1510293.jpg

ふと、キャンセル料金を払っても今予約しないとないかも…と思い急ぎ予約。
本当にないところでした。
初め、ネットで近隣の液そばの宿を検索、予約ページに入っても空いていない…
何件か見たのですが…ない…
焦り近所の旅行代理店へ、初め見たときには後期日程の2次試験の時にしか予約できず、では~
新幹線で日帰りの可能性を…と検索中店員さんが、もう一回見ましょうねと言ってみてくれたら空きが見つかり予約。
ホッ。
センター申込み時点で、可能性のあるところは全てダブルブッキング、トリプルブッキングしておくべきだったんでしょうね。
娘の受験、こちらも勉強することばかりです。

地方から、東京に出てきて受験をして帰っていき、受かればまた家を探し…ということをされている皆様すごいパワフルだな~と思います。
地方に行くということは、そこで親離れ、親も子離れ。
どうなるかは不明ですが、こちらにも覚悟が要りますね。
取れたことはうれしいのですが、いろんな意味で親にも覚悟が必要だなと思いました。

さまざまな家での受験にかかわる事務が始まりました。
できることは手伝いたいが、できるだけ自分でと思います。
受け方も様々、書類の読み取り違いの内容思わず何度もいろいろ見直してしまいます。

受験生の皆様、体に気を付けて、家族で頑張りましょうね。
いい春を迎えられますように、と思います。

この件に関して、アドバイスをくれたSさん、ありがとう~

by masako_texas | 2011-11-18 15:20 | seasonal | Comments(0)