きなりの糸で済む縫い物


今日は、木曜日に母に渡す予定の日本手ぬぐいで作った布巾を縫いました。
「縫いました」なんて言えないくらい適当に三つ折りしてダダっと縫っただけ。
昔は何でもご挨拶は日本手ぬぐいだったんですね。
我が家にも幾つか貰ってきましたが、まだたくさん出てきました。
その中で、普段使えそうなものを選んで縫いました。政治家さんのご挨拶、歌舞伎の役者さん、面白いのは車の広告、ダットサンなんていうのもありました。そのあたりに時代を感じますし、歌舞伎役者さんは今の前の代とかでした。
f0149924_23025824.jpg
そして、同じ色の糸で出来る事という事で、以前代官山COCCAさんで一目ぼれした買っていた布、Plants of roots 闇という布で、マットを作りました。
すごく気に入って買った時の話題はこちら
f0149924_23040437.jpg
まだアイロンをかけていないのですが…霧を吹いて自然乾燥しつつ伸ばしていこうかと思います。
綿の糸で、タオルを織る機械でおられているゴブラン織り。
ふわっと優しい手触りで、この色!
見ているだけで幸せな気持ちになります。
(あ、ちょっと変な人ですね。)
裏にチェックさんの帆布そばかすきなりをあてて、ぐるっと縫ってひっくり返しただけです。
回りもミシンでステッチを入れて叩こうと思っていたのですが、柄の上にステッチを載せたくなくなったので、
このままふわりとさせて自然になじませようと思っています。
床に敷いておくマットとして使います。
木の色と何だか北欧の感じで素敵です。

今日は、冬生地を片して奥にしまい、夏生地を前の方に出して来ました。
そんな中でこちらの布も出てきました。
手づくりの会のバザーに作るカバン用の布などを分けたり、解いて途中の和布を使えそうなものを前に出したり…
製作協力の関係で止まっている自分の縫い物を季節の布から使えるようにしました。
昨夏の終わりに作るのをあきらめていた裁断済みの物も出てきましたので、あまり時間はないのですが、ぼちぼちと始めたいと思います。
やはり自分の手元に残るものが出来ると、嬉しいですね。

この生地はとてもいい値段でしたのでパネル一つしか買えませんでしたが…
手元に置いて眺めるのにふさわしい素敵な生地です。





by masako_texas | 2014-05-27 23:25 | 縫い物小物 | Comments(2)

Commented at 2014-05-28 17:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masako_texas at 2014-05-28 17:37
鍵コメさん
ありがとうございます。
パターンの件了解いたしました。
しばらくお待ちくださいませ。又、後日お知らせいたします。