健康診断

昨年は旦那の転職に絡んで、配偶者の健診を受け損ねてしまいました。代わりに近所の先生が腹部エコーと、血液検査をしてくださいました。
今年は、現在の会社のやり方で契約している検診機関に受診しに行きました。
f0149924_14154803.jpg
やることはほぼ同じです。ただ、始めていくところなのでドキドキ…
前日は、8時までに夕飯を済ませ、採るものを取って容器に納め健診にGO!
2時間ほどで、レントゲン、心電図、身体計測、聴力、視力の測定、腹部エコー、採血等を終えました。
近場の新宿でしたので、帰りにちょこっとお散歩がてらあちらこちらお店を除いて帰宅。
ただ、朝食を食べていなかったので、何だか力が入らず、お昼を食べて、1時間余りで帰ってきました。
今使っているカサ(折り畳み)が大分痛んでいるので、かさを見たのですが…あまり気に入ったものがなく…
ホビーラのセールも見たのですが…結局壊れてしまったメガネケースの代わりにキャスでメガネケースをセールで買ってきました。

意外に時間があっても、目的無くぶらぶらってできないものですね。
健診今回は忘れていて、胃の検査をしませんでした。
いつも見ていただいている内科の先生に「来年は入れてね」と言われましたので来年は忘れず入れます。
でも苦手なので、故意に近い忘れだったのを、S先生見逃さなかったのね~(笑)
結果が出たら、来月S先生にかかるときに持って行くことになります。
こうして会社が変わって健診機関が変わっても、いつも見ていただいている先生が変わらないので、何か検査が必要だと先生から近所の病院に紹介していただきます。その点、安心です。
今年はもう一つ婦人科検診は、区のものが受けられる歳なので、娘も同じ年に受けるように来たので一緒に行こうかなと思っています。

何もなければ安心を買う、何かあってもまあ落ち着いて医者に行くというところでしょうか。
15年前健診で、旦那はがんが見つかりましたので、以来お互いに真面目に受けています。
旦那さんは、大腸がんのステージ1になる前だったので、もう15年もたちますがまだ生きていますし、検査を続けています。
実は同じタイプのがんで、7年ほど前知人が亡くなりました。その時に大きさや進度から推定していつごろにできたがんというのがほぼ旦那と同じ時期でしたので、かなりまじめに検査に通っている方ではないかと思います。
私も旦那も年々、星印が多くなる検査項目ですが、そこそこに健康でいられることを感謝して…




by masako_texas | 2014-07-02 14:28 | 日々の生活 | Comments(2)

Commented by crabapple_BB at 2014-07-03 02:03 x
むーさん
↓では、ダウンロード型紙の注意点をいろいろと詳しくありがとうございます。購入は今すぐには、取り掛かれないので、ちょっと先になりますが。

健康診断、大事ですよね。
日本で勤めていたときは、職場にレントゲンバスやお医者さんがきて、勤務時間をやりくりして受けていました。
でも、アメリカに来てからは、年に1回血液検査があるだけ。
(それとは別にマモグラムや婦人科の検診はありますが。)
レントゲンとか胃の検査(バリウム)とか心電図(?)など、たぶん、すごい高いお金を払って受けないといけないんでしょうね。(どこで受けられるかもわからないし、この国にそれらが「予防医療」という感覚があるのかも疑問です。)

これから年をとるのに、心配になってきました。
Commented by masako_texas at 2014-07-03 10:12
crabappleさん
ダウンロード、文章に書くと長くなりましたが、意外に簡単でした。
思い立ってすぐに縫える利点があります。
そっちのDL型紙、試したい気持ちになります。

健康診断、そちらの保険が、民間保険なので、難しいですね。
お金と、健診内容と、ファミリーの病気のヒストリーとの兼ね合いでうまい落としどころが見つかるといいですね。

こちについては、別途、メールを出しました。お役にたてればと思います。
メールが古くて届かなかったら鍵コメでアドレスいただけるとと思います。では、