パッチのバッグ4 青バージョン2

ようやく、青バージョンのキルトなども全部終わりました。
3本取り、6本取り等なので地厚の生地にステッチをすると手が痛むのですが、左手で中指に指ぬき、右手人差し指に針を引くためのゴムの指ぬきを使い、少し負担を軽く出来ました。
やはり道具は道具で、今までとても面倒で手が痛くなるので避けていた手縫いが少し楽になりました。
表側
f0149924_18174756.jpg
裏側です。
f0149924_18175081.jpg
後は組み立てるのですが、意外に上部のスカラップが綺麗に出にくいので、これも手間がかかります。
でも何だか出来上がってきて嬉しいなあ~
赤の完成品はこちら
早く両方とも完成して並べてみたいものです。


by masako_texas | 2014-07-21 18:19 | 手作りの会 | Comments(2)

Commented by cockatiel-hina at 2014-07-23 08:49
むーさん
おはようございます!!
丁寧な刺繍に毎回 感動 根気がいりますね

私は全然指ぬきが使えません。
針を摘まんで縫うので縫い目も安定せず、硬い所を縫う時は机で針のおしりを押します^^;
講習会をしてて先生がこんなんじゃいけないとは思うんですが
みなさんが気楽でいいかなって諦めていましたが
むーさんの言葉を聞いて
和裁を2年ほど習ってる娘に教えてもらうことにします^^
難しそうだけど 頑張ります
Commented by masako_texas at 2014-07-23 09:55
hina*hinaさん
おはようございます。
結構うまく出来ない部分がありお恥ずかしいですが、数をこなして、コツをつかんで上手くなりたいなと思います。

指ぬきですが、黒羽志寿子さんの手を見て…怪我なく、元気に手を使い続けたいと思ったことが真面目に指ぬきを使おうと思ったきっかけです。
たまたま和裁はを習うチャンスが同じタイミングでありましたので…
「和裁、運針」でUチューブを検索するとたくさんの使い方が出てきますので参考になると思います。
私もまだまだ使えているとは言い切れませんが、針を押したり引いたりが以前よりは、少しだけ楽になりました。
「縫い目は、数やると安定するのよ」と言われながらまだまだ精進が必要ながたがたです。

年齢的なもので、もう一回り上の方は、学校教育の中でちゃんと教わっていますが昭和30年代以降、無いのかな?という感じです。
一生、元気な縫い縫いおばばになりたいと思って、頑張ります。
頑張り過ぎず…針を押すとき指ぬきに触る…から始めています。
関西でhinaさんがやっていると思うと私もがんばります!と思います。