床下の…

今年に入ってからずっと実家のお片づけをしておりました。
お片づけは、とりあえず一応片付いて、リノベーション後に荷解きに行く予定だったのです。
が、数日前、母から電話で「床をはがしていたら、床下の倉庫から大量の梅酒初めお酒などが出てきた…どうしよう!?」という電話。
弟と話をして、建物の別のエリアに移動することとなりました。
今朝は、ちょっと出遅れてしまい…しかも月末という事で車も混んでいて作業が遅くなってしまいましたが…
床下から、100本以上の梅酒、そのほかのお酒、自家製調味料の類…
大工さんと全部持ち上げて並べて、大丈夫なものは移動して、飲めなくなっているものなどを持ち帰りました。
それらを包んでいる包装物のごみも詰めて、やはり車一杯ありました。時間がかかっても車で行ってよかった…
f0149924_22455603.jpg
瓶は先程全部洗って、明日の瓶の回収に出そうと思います。
いいワインが立派なワインビネガーになっていたり、少し空気が入ってしまい、梅が腐って泥のようになってしまった梅酒、古いお酒で温度管理されていないので、何だかわからぬものになっているものなど…悪臭と闘いながら…
洗ってみたら綺麗になったものが写真。
f0149924_22293115.jpg
この二つは、とっておいてどうするか考えようと思います。
元々は梅酒とニンニク醤油が入っていました。
よく見るとガラスの中に空気が入っていて、歪んだ感じが愛らしい瓶です。
50年くらい前の物
それもその前から何かに使っていたのではないかと思われるので、もしかするともっと古いものかもしれませんね。
まさかこんなに綺麗になるとは思いませんでした。
ガラスって真っ黒になっていても洗えば綺麗になって匂いもつかないんですね。当たり前ですけれども…

そうそう、2本だけ梅酒をもらってきました。
私は飲まないので、娘用。
残念なことに娘の生まれた年、母が病気をしていたので、その年の梅酒がありませんでした。
代わりに息子の生まれた年の物をひと瓶、もう少し新しいものをひと瓶。

今日は、運び上げたりしたので、足と腕がもうすでに筋肉痛。
明日が怖い…

床下には、もう少しあるのだそうですが、荷揚げをしてくれた大工さんたちによると、もう残り母に任せても大丈夫な量だというので
取りあえずこれで終わりにしました。
みんなすっかり忘れていた床下収納、そんなものが流行った時もありましたね。
40年前、そんな走りだったらしく、収納というより本当に床下の基礎の間に、ずらっと梅酒が並んでいたのだそうです。
開け閉めする扉はついていたのですが…すっかり忘れて上からじゅうたんを敷いてありました。

もう何も出てこないといいな。





by masako_texas | 2014-07-31 22:37 | seasonal | Comments(0)