お買いもの

もう少しで、浴衣が出来上がりますが、とりあえず一枚は全部自分で全部作ってみたいと思い、反物を探していましたが、なかなか良いお値段で気安くお買い物できるお値段とも言い難く…
結局家そばのお店で、新古品を購入しました。
2反で3000円でした。
f0149924_15380275.jpg
昔の浴衣っぽい反物です。
左はなんだか洋服になりそうですが、右は紺色に緑がかった黄色なんです。
長い感じに伸ばすといずれもきれいで、どちらと決めきれず2反買ってしまいました。
お店で聞いたところ、こういったものは、新品であちらこちらに眠っていた反物を仕入れて、洗って売り出しているのだそうです。
昔の反物なので、幅が現在の物よりも少し、1・2センチ幅が狭く、一回洗っているので、12m位のうち縮みが出ているので、
新しい反物よりも短めなので、少し裁断時に工夫が必要です。
が、この柄はいずれも柄袷の要らない柄、頑張って仕立てようと思います。
あ、だめだったらミシンになっちゃうかな~(笑)

様々お店を巡っていたのですが、やはり、自分の腕を考えるとこの値段を見てしまうと新品は買えず…
かといってどちらと決められなくて…
こうなりました。
さて、一枚目を頑張って仕立てねばね。




by masako_texas | 2014-08-01 15:43 | 和裁お稽古 | Comments(2)

Commented by meek6768 at 2014-08-02 11:14
むーさん、こんにちは
梅酒っ! 横浜まで出向いてしまおうかと思ってしまいました。
梅酒はおいしいですよー、ムーさんは飲まれないのですね。
アメリカでもPlumWineとして人気がありますものね。 去年の里帰りで実家で作った梅酒の梅をたくさんもらってきて、少しづつ食べています。 こちらで作れればいいのですが。
↑の反物ですが、どちらも素敵ですね。 これは一つに絞れない(笑)
無知で申し訳ないのですが、一反で浴衣が一つ出来るということなのですか? 余ったらランチョンマット、というわけにはいきませんかね? クッションにしても素敵そう・・・なんてお店の人が聞いたらぶっ倒れますか??!!
Commented by masako_texas at 2014-08-02 12:56
meekさん
こんにちは。
横浜が近ければお出でくださいと言うところですね。(笑)
元々、そんな梅酒が子供のころ出ていたくらいなので呑兵衛だったのですが、10年くらい前からお酒が下剤になるので、お酒をやめました。
もう一生分飲んだと言っていいくらい飲みましたので、身体が要らないと言っているのだと思っています。

そちらでも焼酎出なくても梅があれば、作れると思います。
お砂糖、お酒、果実…で、しばらく待つ。

反物、1反大体11から12mくらいで浴衣ひとつ+端切れです。

着物の場合は、お仕立て直し等の為に取っておくのが一般的。
私が行ったところは、新品も扱いますが、中古品や新古品も扱うところで、パッチワークの方がよく見えるそうですから、倒れず一緒にどんなのを作ろうと話に乗ってくると思います。
いいものならば、呉服売り場とかに行きますが、自分でする程度ならば、こうしたところでお財布に合わせてと思います。
上手になれば、もっといい布で作ってもいいのでしょうが、ちゃんと出来なかったり不満の残る腕なので、まだいいモノには手が出ないのです…