単紬 Ⅱ 3 背縫い 脇縫い

今週は、和裁のお稽古がありました。
宿題をきちんとしていなかったので、背縫いしか終わっていませんでしたから、袖を作っていました。
先ずは、背縫い、脇縫い 裏からの画像です。
f0149924_22291439.jpg

脇のきせをこれからアイロンでかけます。
今回は、始めて背縫いを2本縫いではなく、背伏せ布を付けています。
背伏せ布は、平織りのバイアステープみたいな幅のテープで、背中心を縫う時に一緒に縫い込んでいき、くけて止めます。方法が違うのですが、浴衣の時に背縫いを2本するのと同じに、背縫いが開かないようにという考えのようです。地色に近い布を選びました。
f0149924_22315249.jpg


袖は、表からの画像です。何とか左右同じような柄が出ました。
それと、浴衣でも、襦袢類でもいっぱい作っている袖、裾部分の余った布は、洋裁だと後ろに倒すことが多いのですが、和裁の場合は前側に(内袖側に)倒しています。
これにもようやく慣れてきました。
始めの何枚かは、何を言われているのかさっぱりわからないので、宿題をやろうにも何もできないという感じでした。
最近は少し縫っていき、分からないところを先生に聞くという形になってきました。
f0149924_2234738.jpg

、この後わきのきせをかけて布橋の始末をします。

おくみと襟の裁断と印をつけをして、おくみを付けて、裾のくけ縫いを終えることが出来れば、後は、広襟の作り方は初めてなので、本を読んで先生に聞いて作ろうと思います。

きものは、形が基本同じで平面構成なので、聞きなれない言葉が多く苦戦していましたが、非常に合理的で、技術に問題はありますが最近ようやく形を考えながら自分の手で作れるようになってきました。
洋裁のように、手で考えながら作れるようになりたいなと思います。

今月はほかに、帯の事を伺いたいので、そちらもよく勉強してから聞かないと、何を聞いているのかわからなくなってしまいます。
まだまだ、精進が必要です。

by masako_texas | 2015-07-17 22:38 | 和裁お稽古 | Comments(2)

Commented by yukamikamama at 2015-07-20 11:07
むーさん、こんにちは(^^)/
連日、暑いですね。お元気ですか?
背伏せ布ですか。洋裁も和裁も習った事がないので、初耳の言葉です。
洋裁は、中学校の家庭科の授業ぐらいかな。。
長い距離をちくちくと針を動かすのですね。
もちろん、手縫いで?!
夏に大きな布物を扱うのは、暑さとの戦いになると思いますが、頑張ってください。
私は、夏は暑いからとキルティングを封印した年がありました。(^-^;
Commented by masako_texas at 2015-07-20 20:35
yukamikamamaさん
こんにちは。
毎日暑いですね~なんとか生き抜いています。(笑)

手縫いなんです。
大体ひと手間終わるとドライアイロンで押さえるので、クーラー必須です。

少し覚えたら、出来るところをミシンを使いたいなと思います。