片づけさまざま

今回はきもの整理ではないのですが。
先月母が転びまして、歩行器を利用しないと歩けないようになりました。
が、毎日日々の生活は続くわけで…
f0149924_11334668.jpg
毎日のご飯は、日々弟が届けたり、母の具合を見て材料を届けたりしています。
弟一家はお嫁ちゃんは働いていて、仕事の都合朝出たらもう夕飯の時間以降にしか戻れません。
なので、自宅で働く弟が父母のごはんと子供たちのごはんの世話をしています。

自宅で働く従業員やケアマネさんはじめ様々な人の力を借りて何とか回しています。
私自身は、一日で行きかえり出来るところに住んでいますが、毎日行けるわけではないので…
2週に一度通っていたのですが、週に一度通っています。

その時はトイレの掃除、台所の食器を出して洗う、今回は衣類の整理でした。
とりあえず、寒くなっているので次に行く時までにいりそうなものを出して、使える場所に置く。

今回のお題は、母の歩行器でトイレまでたどり着けることでしたので、動線に従い床に置いてあるものを片付けられるようにすることでした。
足が悪い、父がぼけているので大変…ということで、何かを出す、しまい損ねる、そのままレイヤーになる…という悪循環。
何を解決すればしまえるのか…
母にも歩行器で動いてもらい…出来ることできないことを調べて、使えなくなっている引き出しがあることがわかりました。

加齢で力がなくなって、便利に使っていた木製の引き出しが開けられなくなっていたのです。
そして、洗濯物を干してしまうのが面倒なので、取り込み、そのままレイヤーになるということです。

では、どこならば使えるのか、いくつか試して 使える引き出しにある今そんなに使わないものを移動。
下着などの毎日使うものを使えるところに。
誰の衣類はどこに置くと決めて、格好は悪いですが弟一家が見て分かるように父の何、母の何と書いておきました。
又、必要になる夜の父のおむつなどは見つからないとすぐ新しいパックを開けてしまい、いくつも使い掛けになっていたので、置く場所をどこならば良いのか決めて何種類かあるうち今は使わないものは、棚に上げて大きく記入しました。

可動域は減っていますが、日々今ある能力を維持し、生活を回せるように…
私は毎日は行かれませんから、日々の生活で不自由なところを回せるように、母と弟のリクエストのある所を改善したり、家全体の掃除をしたりです。

義母と暮らしているときに、他の兄弟姉妹が来て、あれこれ出来ないと言われるのがとてもしんどかったので、出来るだけ頑張っているよ、ありがとうと、自分がすべてを抱えている人に言うようにしています。
私が言えば、弟に多少不満のある母も。心穏やかに弟に感謝してくれますし、弟も自分の顔が立てば、子供たちにもあれこれ小さな手伝いをお願いしてくれます。
昨日は、甥っ子は洗濯物を干す母が、椅子に座ってできるように小物干しに洗濯物を広げてかけてくれました。
又、母が押す歩行器が通れるように床のものを移動するなどしてくれました。
そんな小さなことでも、日々の生活が気持ちよく回って、良い人生だったと両親が言えるようになれたらと願ってやみません。

父ですが、かなり痴呆が進んでしまいましたが、自分のしもの始末(夜以外)、お風呂、食事は自分でできるので、わからないというのも幸せなことかなと思ったりします。
私は、おいしいものを持参する人という刷り込みがされているのか、行くと名前を呼んでくれるのですが、机の上をきれいにして食事が載せられるようにしてニコニコ座っています。
声を出すのがつらいらしく…(もともと無口でしたが)ほとんど聞こえないしゃべれないですが、感情は最後まであってニコニコしたり泣いたりします。
時々、母が電話をしていると、自分に向いていないと子供がかんしゃくを起こすように起こっています。力がやはりあるので、そうして荒れると母には何ともできずに困ることがあるようです。

介護の大変さ、それと一緒に子育ても着ている弟一家には本当に感謝。
目をつむることもできなくはありませんが、義母と暮らした時間や、子供のころ祖母、曾祖母と暮らした時間があるので、やはり順番と思っています。
長い文章にお付き合いいただきありがとうございます。

片付けや、親のことなど、書いてどうするのかと思わないでもないのですが、周りにたくさんの親問題を抱えている人が居り、時々話をすることでお互いを元気づけています。起こっていることは同じなので、なるべく気持ちよく明るく過ごせたらと願っています。
昨日は疲れて、風呂に入って寝てしまい、昼前にようやく起き出しています。また明日から新しい一週間。元気に過ごそう。


by masako_texas | 2018-10-14 11:57 | 日々の生活 | Comments(4)

Commented by angelique-note at 2018-10-14 13:42
むーさん、書いて下さってありがとうございます。
読んでて涙が出ました…

私は掃除、整理整頓、収納が、とても苦手なので、ついイライラしたり怒ったりしてしまいます…
むーさんみたいに、どうしたら動きやすくなるか考えてあげられたらいいのに。
自分ちもちゃんと出来ない状態で…
見習ってがんばらないと。
良ければ又書いて下さいね。
私だけじゃないんだと慰められる方、こんな風にするのはいいなと思われる方、いらっしゃると思います。
Commented by masako_texas at 2018-10-14 23:00
友美さん
こんばんは。
ありがとうございます。
毎週少しずつ消耗していて…今日は一日ぐーたらしていました。
私は毎日では無いので、何とか続けて行きたいと思います。
暖かいコメントありがとうございます。
元気を頂きました。
Commented by meek6768 at 2018-10-17 12:12
むーさん、こんにちは。
お母様、歩行器での生活はいかがでしょうか??
すぐそこに息子さん、日帰り可能な距離にいらっしゃる娘のむーさんが週一で訪問されるので、心強く思っていらっしゃるでしょう。

介護は実際に体験されている方々のお話が一番役に立っていくのではないかと思います。 勿論ケースバイケースなのでしょうけれど、自分だけじゃないんだ!と思うだけでも心が軽くなると思います。 
Commented by masako_texas at 2018-10-17 21:18
meekさん
母は、何としても父の生活を支えるとか、甥っ子たちの生活を支えるという仕事があり、つかまり立ちを続けながら自宅で家事をしています。
 と言ってもそんな感じなので、なかなかはかどらず、手が必要なようです。
高齢なので、どこまでリハビリをして直ることができるのか、本人も家族も全く分かりませんが…
又、全てがスローになっていて…日々の生活を回すのがいっぱいいっぱいではあります。
友人と話したりあったりするとこうした話ばかりなので、話しては、一人じゃないよねと思うこの頃です。