人気ブログランキング |

カテゴリ:リメイク( 69 )

帯締め

金具が届きましたので、帯締めを作りました。
といっても、ボンドを張り付けただけ。
f0149924_22074815.jpg
f0149924_22074122.jpg
先の金具は20ミリ、今回はネットで探して15ミリ、うえの写真のものが全部きれいに収まりました。
どれも母が愛用していたイヤリング。
なんとなく本人は戻りませんが、近くに来て守ってもらっている気がします。
木のイヤリングは私が小学校に上がるころ母がよくしていた物で、片方しかありませんでした。
裏がボタン穴開けようの工具で綺麗に簡単に取れたので、本当に作業は簡単でした。
イヤリングは2個、帯締めは2個要らないので、友人に聞いてみたりしています。意外に使ってみると楽しいのであまり帯締めってつかわなかったんですが楽しいです。
f0149924_22134658.jpg
今日の組み合わせは、
f0149924_22102124.jpg
こんなかんじで、何となく自分らしいところに母がいる気がします。
様々母のアクセサリーをもらったので、こうして身に着けるものを何か作っていきたいと思います。

9月は決まったことのあまりない月にしたので、お暇中。
ちょっと胃腸が弱っていたのでじっくり今までにしてこなかったことをしています。
今日は、着物の残す残さないを決めるために呉服屋さんに診て貰い、幾つか処分を決めました。
手を入れる半分、処分か私の代でやめるもの半分にするとかなり数も内容もいい感じになると思います。
処分は、中古屋さんへ送ります。あまりお金になるとは思い難いのですが、使っていただけるところに送り、私自身も着物を始めたときにこうしたものを利用したのでと思っています。
ちょっと派手な着物でというものは、国際交流協会へ寄贈、外国人のために着付け体験などで使われる着物になります。
その前に大体きもの友に聞いて、着てもらって…どうにかしてどなたかが使ってもらえるように…と。
f0149924_22155163.jpg
2個の段ボールにびっしり。
残すものをかわいがり、そのうち私の代でお終いにするものも決めたので、徐々に娘が困らないように楽しめるように、私自身も楽しく着られるように考えたいと思います。




by masako_texas | 2019-09-26 22:23 | リメイク | Comments(0)

祖母の紬 リメイク準備

f0149924_19585615.jpg
祖母の紬を解きました。
夏大島です。
140センチほどしかないのと、夏大島は他にある、帯と言う気持ちにもならないので、着物系では無いものにしようと思います。

先日叔父宅の片付けで、着ている写真が有りました。

何度か洗って、干して…スカートが作れたらと思います。
小物も少し作れたらいいなあ。
あー、乾かないので、早く晴れないかなぁ。

by masako_texas | 2019-07-13 19:58 | リメイク | Comments(0)

祖母の夏大島

f0149924_09264694.jpg
祖母の夏大島と思われる着物。
着丈が140で、何度かやり直している事、夏大島の紺色は1枚他にある事から、リメイクにしようと思います。
柄が可愛い💕ので、単純にゴムのフレアギャザースカートと夏のブラウスが取れたら、いいかなぁ。
妄想は膨らみます。

手の事をする時間を捻出するのが大変ですが、何とかゆっくり。

父 要介護5が自宅に戻り、暫く実家に住んで居ましたが、この後週2,3日通い、時々泊まり…と言う体制で。
介護が1日3回、看護師さん1回、お医者さん週1〜2回で収まりそうです。

ただ、慣れたら暇ひまにこういう事をしていけたらなと思っています。
母に教えてもらった事で 針を持つのが辛い日が続きましたが、今回父の退院に伴い、暫し泊まりだったのですが…
10分とか20分とか細かい時間で針を持つことが出来て…哀しくはなりますが、大丈夫かなと思います。

by masako_texas | 2019-05-15 09:26 | リメイク | Comments(0)

古い端切れを見つけました

f0149924_09080067.jpg
色々哀しいこともありますが、片づけをしていると出会いもあります。
叔父の家の片づけで出てきた、着物類の茶箱から出てきたもの。
多分明治終わりくらいから大正に生まれた祖母たち姉妹の物か、その20年後昭和の初めに生まれた母たち世代の物か…という感じです。
元の持ち主が、叔父なので…たぶん前者であろうと思われます。
洗い張りをして、夏帯にするか…何か紺色か黒の布と合わせてバッグ類にするか…
どうも時代的にはこちらの帯と同じだと思われます。なのでやはり、祖母の姉たちの物であったものなのだろうと思われます。

ちょっとワクワクします。
f0149924_17305671.jpg
追記2019年9月
シミがだんだんに浮き上がってくる、一度水通しをしたらシミが出るなどがあり、生地のままでいます。
本当の大正時代の物なので、何かの折に博物館に聞いてみるほうがよいのか、小物を作るのか…悩ましいところ。
着るにはちょっとむつかしいなという判断です。


by masako_texas | 2019-04-16 09:16 | リメイク | Comments(0)

リメイクです。

リメイクです。
f0149924_15444394.jpg
と言っても大した事では無いのです。
パターン クルール ロングシャツから、レギュラーシャツ丈に。
そして、このシャツを着ていた9年前は、タイトだったので、前後のダーツを解きました。
少しポケットにダーツが残るので、着てみて気になれば解こうかな…と。
f0149924_15475960.jpg

f0149924_15480152.jpg

f0149924_15480225.jpg
カットして、出来上がり線にミシンをかけて、裾始末をしました。
単純な作業ですが、ちょい手間。
大好きな布だったからやってみた。
お気に入りじゃなきゃ、しないなぁ。
これで、10年目にも着られたら…ものとしては幸せかなぁ。
こんな事ができるのは、手作りならでは。
1人口元がニコリ。

by masako_texas | 2018-12-25 15:44 | リメイク | Comments(4)

帯を解いています。

帯を解いています。
f0149924_17372059.jpeg

見た目は綺麗で良いのですが、グズグズで締めにくい、見た目も縫い目が見えたり変な帯です。
f0149924_17375543.jpeg
f0149924_17381529.jpeg
f0149924_17382632.jpeg
中には柔らかな、何の芯地だろうと思う素材と、縫い方も全て半返し縫いという訳の分からない作り方の帯でした。
何とか全部解きました。
悉皆屋さんに洗い張りに出して、帯にするか、別の物にするか…戻って来たら決めようと思います。

帯にしても、顔まわりに使わない色で自分では選ばない色ですが良いかなあ。
ワクワクします。

追記 10月3日
とりあえず何にしてもよいように洗い張りに出しました。このくらいの縮緬は自宅で洗うと半分くらいの大きさになっちゃうので。
帯びにするにしても何にしてもとにかく洗って汚れを落としておいて、お金ができたら手を入れる方式です。
一気に直したら、お金ばかりがかかってしまうので。
帯の布の幅も36センチ程度なので、実際はものすごく古いものなのかもしれません。
持って行った悉皆屋さんも、幅を見て古いものかもしれないねと言っていました。
いつもながら、悉皆ごとで新井薬師のつるやさん、お世話になっています。

お近くの方がいらしたらぜひ利用してみてください。

by masako_texas | 2018-09-30 17:34 | リメイク | Comments(0)

祖母の帯を洗いました。

こちらは旅行に出る前に自宅に持ってきた祖母の帯。
f0149924_14221168.jpg
綺麗なところを少し光強めに画像を撮っているので、まあ普通の帯に見えます。
とても布がすきでしたが、あまりに汚いので、まずは出かける前に解きました。
が、洗い張りに出したりするのももったいないような…あまりよくない感じです。

60年以上いや100年はたっていないが、祖母の若いころというと、母が80超だからまあそのくらいかと思います。
なので洗い張りに出してもあまり効果が期待できないので、解いたところ普通の縮緬地に金色の刺繍が一部してあるものでしたので試しに水で少し濡らして端っこを洗ってみました。
結構布の水で汚れの取れるところは取れるので…思い切って全体を手洗いして、さらにアクロンで普通に洗濯機の手洗いコースで洗ってみました。
f0149924_14260795.jpg
後ろの壁と比べて、激しく黄色くない程度に地色が綺麗になりました。
解いてみて、9寸の帯地の縮緬でした。
昔のものなので、短いので裏地のようなものを30センチほど足し布してありました。
さて、どうできるかというと良く分からないのですが…

1)そのままアイロンをかけて帯に仕立てをお願いする。
2)切って、鞄類を作る。
という二つの選択肢があります。
乾かしてアイロンをかけて…
少し悩んで決めようと思います。

このくらいの色ならば、いろんな紬に合わせて着たい感じもします。
始末が済んだら、帯びの職人さんに会いに行って、何ができるか相談して決めていこうと思います。
母は、あまりにシミが多くて諦めたといっていましたが
赤い部分を前に持ってくるように巻いたら、後はお太鼓のしみが目立たなければ使えるようにも思います。
f0149924_14433988.jpg

いずれにしても生地としてとても愛らしくて好きなので、何かの形にして使いたいと思います。

by masako_texas | 2018-09-24 14:32 | リメイク | Comments(3)

昔の帯でつけ帯

何度かこちらでも出ていたのですが、私の手ではもう手に負えず…
帯を作るプロの方にお願いしてつけ帯にしていただきました。
f0149924_16240957.jpg
反対巻きにすると…
f0149924_16241801.jpg
綴れ帯なので、紬から留袖まで着られる帯です。
まあ、そこまではしないですが…
何にでも着ていけそうですし、何よりも育ててくれた曾祖母の作った帯なので、食いしん坊の彼女のイメージが浮かび気持ちが明るくなります。

作ってくれたSさん、ありがとうございます。
何に着るか…楽しみなことが一つ。面倒になった時にどれにでもつけられたら、着物の敷居がまた下がります。
ふふふ。

by masako_texas | 2018-02-03 16:27 | リメイク | Comments(0)

帯仕上がり

洗って、シミ抜きをして、仕立て直しに出していた帯が仕上がりました。
f0149924_17083038.png
中秋の月の時期に間に合いそうです。


by masako_texas | 2017-09-05 17:06 | リメイク | Comments(0)

帯の作り直しに1

先週実家から引き取って着た帯、どうしようか悩んでとりあえず解いて洗いに出すことにしました。
f0149924_15313902.jpg
元のお話はこちら
染み抜きと新井に悉皆屋さんに出してみて、その先戻ってきたらどうするか決断しようと思います。
名古屋帯の構造がわかり面白かったです。
お世話になっているのは、新井薬師のつるやさんで、白生地からの染めもしてくれるので、ほぼ何でも持って行って店主や奥さんに聞いて悩んで持ち帰ることもありますが、アドバイスをもらい予算を告げて、できる出来ないを聞きお願いしています。
そのほか、思わぬ掘り出し物がありますのでお近い方はどうぞ。

戻ってきた具合で、帯びになるか…どうしようかなと思っています。
母の刺繍なので、悩んでいます。
よく見るとフランス刺繍のステッチでできていることがわかります。

by masako_texas | 2017-07-08 15:36 | リメイク | Comments(0)