帯を解いています。

帯を解いています。
f0149924_17372059.jpeg

見た目は綺麗で良いのですが、グズグズで締めにくい、見た目も縫い目が見えたり変な帯です。
f0149924_17375543.jpeg
f0149924_17381529.jpeg
f0149924_17382632.jpeg
中には柔らかな、何の芯地だろうと思う素材と、縫い方も全て半返し縫いという訳の分からない作り方の帯でした。
何とか全部解きました。
悉皆屋さんに洗い張りに出して、帯にするか、別の物にするか…戻って来たら決めようと思います。

帯にしても、顔まわりに使わない色で自分では選ばない色ですが良いかなあ。
ワクワクします。

追記 10月3日
とりあえず何にしてもよいように洗い張りに出しました。このくらいの縮緬は自宅で洗うと半分くらいの大きさになっちゃうので。
帯びにするにしても何にしてもとにかく洗って汚れを落としておいて、お金ができたら手を入れる方式です。
一気に直したら、お金ばかりがかかってしまうので。
帯の布の幅も36センチ程度なので、実際はものすごく古いものなのかもしれません。
持って行った悉皆屋さんも、幅を見て古いものかもしれないねと言っていました。
いつもながら、悉皆ごとで新井薬師のつるやさん、お世話になっています。

お近くの方がいらしたらぜひ利用してみてください。

# by masako_texas | 2018-09-30 17:34 | リメイク | Comments(0)

帯の片づけ中

今日は、実家の事務仕事と食事、買い物の手伝いに行きました。
旅行の間にちょっと母が転んでしまい、歩行器のようなものを使わないと歩けなくなっていました。
父は、母がそんなこんなしている間に、ほっておかれる時間が長くなって、一層進んでいました。
本格的に2週に一度家事のヘルプに通うかなぁ。

なので ただただ、帯を引き取って帰宅。
大体引き取って来たかなあ。
後はどうしても箱ごとというものを車で引き取りに行かなきゃな。
いかんせん数が多く…しばらく置いておき、着たりしめたりして…10年くらいの中でいる要らない、私の後に残す残さないを決めていけるように自宅に置き場所を確保しました。
ただ、家にばらばらと散っておいているので、まずは全体をデータとして把握できるように画像を撮ってそれぞれ細かいサイズを測ってExcelを作っています。
f0149924_21240803.jpg

面白いものがありました。
喪装の帯2本。
こちらと、
f0149924_21103457.jpg
もう一つは端を見ると普通の帯なんだけど、トンボの刺繍がありました。
f0149924_21112336.jpg
後は、3月から5月に着る鶴とカキツバタ
f0149924_21114214.jpg
これは祖母のものだそうで、古いようです。
カキツバタということはたぶん入卒の時期にしめたのだと思います。

今よりも着物を普段に来ていた人の物なので、狭い時期の帯や着物があります。
見ていて楽しいですね。
今は、とてもそういう余裕のあるものは作らないだろうなあ。

喪服の帯もこんな風に柄というのを着るような何回忌というのに和装で行くというのは東京ではほとんどないので、使うことがあまりないものの気がします。
でもそういうところにも細かい心使いがあって、物としては好きな物です。

そのほか、昔自分で作っていたであろう時代の帯で、適当に仕上げているものもありました。
名古屋帯なので、着物をほどいて作られたものだと思いますが…
ぐずぐずして、布目が通っていなくて…たぶん美しく結べないので…
しばし置いて気に入ったら、解いて洗って…仕立てに出すかな。

作り帯は最終手段、できれば帯の形のままの方が融通が利きます。
又、何か始めたらアップします。

追記 9月28日
トンボは勝ち虫なので、不祝儀に使う帯としては向かないと思われます。画像3枚目は、夏の絽の帯ですね。たぶん。
そんな時期限定の帯があったことが面白い。

# by masako_texas | 2018-09-28 21:23 | きもの整理 | Comments(2)

祖母の帯を洗いました。

こちらは旅行に出る前に自宅に持ってきた祖母の帯。
f0149924_14221168.jpg
綺麗なところを少し光強めに画像を撮っているので、まあ普通の帯に見えます。
とても布がすきでしたが、あまりに汚いので、まずは出かける前に解きました。
が、洗い張りに出したりするのももったいないような…あまりよくない感じです。

60年以上いや100年はたっていないが、祖母の若いころというと、母が80超だからまあそのくらいかと思います。
なので洗い張りに出してもあまり効果が期待できないので、解いたところ普通の縮緬地に金色の刺繍が一部してあるものでしたので試しに水で少し濡らして端っこを洗ってみました。
結構布の水で汚れの取れるところは取れるので…思い切って全体を手洗いして、さらにアクロンで普通に洗濯機の手洗いコースで洗ってみました。
f0149924_14260795.jpg
後ろの壁と比べて、激しく黄色くない程度に地色が綺麗になりました。
解いてみて、9寸の帯地の縮緬でした。
昔のものなので、短いので裏地のようなものを30センチほど足し布してありました。
さて、どうできるかというと良く分からないのですが…

1)そのままアイロンをかけて帯に仕立てをお願いする。
2)切って、鞄類を作る。
という二つの選択肢があります。
乾かしてアイロンをかけて…
少し悩んで決めようと思います。

このくらいの色ならば、いろんな紬に合わせて着たい感じもします。
始末が済んだら、帯びの職人さんに会いに行って、何ができるか相談して決めていこうと思います。
母は、あまりにシミが多くて諦めたといっていましたが
赤い部分を前に持ってくるように巻いたら、後はお太鼓のしみが目立たなければ使えるようにも思います。
f0149924_14433988.jpg

いずれにしても生地としてとても愛らしくて好きなので、何かの形にして使いたいと思います。

# by masako_texas | 2018-09-24 14:32 | リメイク | Comments(3)

白川郷

石川県から、東京方面に行く道を粋と違うルートで買える道に白川郷があり、最後の観光地として選びました。
f0149924_13120268.jpg
f0149924_13122295.jpg
f0149924_13123492.jpg
f0149924_13125721.jpg
f0149924_13131198.jpg
f0149924_13132383.jpg
f0149924_13133444.jpg
時々気づいて画像を撮る下水の蓋
f0149924_13140795.jpg
半分青井で有名になった五平餅
f0149924_13141872.jpg
この旅行の間ずっとどこもお米が収穫前で実ってゆらゆらと揺れていました。
f0149924_13142880.jpg
白川郷、私たちは午前の早い時間に金沢を出て10時過ぎについてけんがくしていました。
観光バスがたくさん、着ていましたので、こういう車の旅以外だと大阪や大きな都市からのツアーがあるのかもしれませんね。
高速も断続的に完成していて、まだまだどこかで一般道を使わないとどこからも高速だけでは行きにくい場所でした。

今回巡ったところは豪雪地帯、冬場はつらいだろうなと思います。
合掌作り、一度は見てみたいと思っていたので中々感動でした。
1階が生活空間、それ以上の階は、仕事場だったようです。
機織り、養蚕などをしていたのだと。
f0149924_13202709.jpg
一見大きなお宅が見学用に開いていて、4階建てでした。

長い長い旅でしたが、最後あまりに山道がきつくて車酔いしてしまいました。
まあそれでも何とか帰宅して、1週間以上家を空けていたので、掃除と洗濯に明け暮れています。
あすから普通の日が戻ってきます。

旅の規格をしてくれた旦那に感謝。
無事に帰ってこれたことにも感謝。

少し、暑さが引いてきましたね。



# by masako_texas | 2018-09-24 13:23 | その他 | Comments(0)

金沢2



二日目は、バスに乗るのがうまくなり、ひがし茶屋街、近江市場、金沢駅へ向かいました。
f0149924_12501074.jpg
市内を周遊のバスが、右回りと左回りが出ていて、3回以上乗るならば一日券がお得。
私たちは活動時間も短いので、2回でしたので買いませんでした。
f0149924_12513411.jpg
五木寛之の記念館、建物が素敵です。ひがし茶屋街へ。


f0149924_12525115.jpg
f0149924_12533229.jpg
一区画かなり広い感じに、保存されていて、とても素敵です。
が、お土産やさん空間といった感じですが、それなりにおいしいとか、綺麗なお店ばかりなので、街の見学とお土産品の買い物が一挙にできるぶらぶら空間でしょうか。
女の人の大好きが詰まっています。
なので、旦那さん的には、つらかったと思うのですが、甘いものを頼りに引き連れていきました。(( ´艸`))
f0149924_12552975.jpg
カフェに入りました。
f0149924_12560125.jpg
ほうじ茶パフェです。
f0149924_12563476.jpg
近江市場まで歩き、おひるごはん。

f0149924_12565230.jpg
f0149924_12572818.jpg
腹ごなしに金沢駅まで歩いて

f0149924_12575356.jpg
駅構内にあった こちらのミニチュアもかわいいです。

f0149924_12582484.jpg
駅中をぶらぶらとして、バスで帰宅。
駅で、疲れたというので、帰りに夕飯用に駅弁を買いました。
なぜか山は何時間でも平気なんだけど、街はやはりつらいようです。
私は、この後、この日の宿の前にあったお菓子屋さんに行き、お土産を選んできました。
f0149924_13005102.jpg
f0149924_13010698.jpg
西茶屋街もふらふらっとして、楽しみました。
逆に私は、こういう町はいくら歩いても全然平気、美術館なんかもはしご平気です。( ´艸`)

又、金沢には友禅、九谷焼などを見に来たいなと思いました。
今回、石川県、福井県を主にめぐりました。
車でしか行けないところメインに周り、面白いなあと思いました。
この後、白川郷に立ち寄り、また長い道のりを東京まで車で戻りました。
もう一日分、白川郷の話を書きます。(忘れないうちに)

帰宅後はお決まりの選択と掃除に明け暮れているので、書いていてもしばらく前の事のように思います。

# by masako_texas | 2018-09-24 13:05 | その他 | Comments(0)